佐久間盛次 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 佐久間盛次.

佐久間盛次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
佐久間盛次
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:久六、久六郎、久右衛門
主君 織田信行信長
父母 父:佐久間久六盛重
柴田勝家[1]
盛政安政柴田勝政勝之
テンプレートを表示

佐久間 盛次(さくま もりつぐ)は、戦国時代武将織田氏の家臣。佐久間信盛は従弟にあたる。

佐久間久六盛重(同じ織田家臣の佐久間大学允盛重とは同族で同名だが別人)の子。

はじめ織田信行の配下であったが、のちに信行の兄・信長に仕える。犬山城主であったとの記録がある。弘治3年(1557年)の名塚城攻めに信盛と共に信長方として参加した。その後も観音寺城の戦い勝竜寺城攻め(いずれも永禄11年(1568年))などに参加した記録があるが、その後の記録には登場せず消息は不明。

脚注

  1. ^ 『寛永諸家系図伝』には勝家の姉婿とある。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
佐久間盛次
Listen to this article