安養寺氏種 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 安養寺氏種.

安養寺氏種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
安養寺氏種
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文7年(1538年)?
死没 慶長11年(1606年
別名 三郎左衛門尉(通称)、経世
主君 浅井長政京極高次
氏族 安養寺氏
父母 父:安養寺氏秀
兄弟 氏種、甚八郎、彦六郎
磯野員次(磯野員昌養子)
テンプレートを表示

安養寺 氏種(あんようじ うじたね)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武士浅井氏の家臣。

略歴

安養寺氏は近江国土豪で、元は近江守護京極氏の被官であった。

安養寺三郎左衛門氏秀の子として誕生。主君・浅井長政織田信長の妹であるお市の方との縁組の仲介役を務めたという説もあるが真偽は不明。浅井家滅亡後、京極高次に仕えた。

慶長11年(1606年)死去。

出典

  • 戦国人名事典(新人物往来社)
  • 日本の戦史 桶狭間・姉川の役(徳間文庫)
  • 浅井三代記
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
安養寺氏種
Listen to this article