手紙 (THE BOOMの曲) - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 手紙 (THE BOOMの曲).

手紙 (THE BOOMの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

手紙
THE BOOMシングル
初出アルバム『TROPICALISM -0°
B面 砂の岬 Ponta de Areia
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ソニー・ミュージックレコーズ
作詞・作曲 宮沢和史
プロデュース THE BOOM
チャート最高順位
THE BOOM シングル 年表
太陽アカラ 波キララ
(1995年)
手紙
1995年
時がたてば
1996年
テンプレートを表示

手紙」(てがみ)は、日本音楽グループであるTHE BOOM1995年12月13日に発表した17thシングル。

テレビ朝日系列『ミュージックステーション』のために書かれた曲であり、同番組で初めて披露された。ポエトリーリーティング調の曲であり、PV宮沢和史本人が監督した。そのPVは始終モノクロであり、宮沢の十数個のコスプレを拝見できる(女装SMプレイなどといったものまで)。アルバム『TROPICALISM -0°』には、「手紙(DOWN TO TRIP MIX)」と題されたリミックス・ヴァージョンが収録され、同アルバムが2005年に再発された際、シングル・ヴァージョンもボーナス・トラックとして追加収録された。音楽評論家でロッキング・オン社の社長・渋谷陽一はこの曲とレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンを取り上げ、「半径5mのリアリティ」という評論を展開した。

「砂の岬」はブラジルのスタンダードを日本語詞をつけてカバーしたもの。ブラジル人なら誰でも知っているという曲である。

収録曲

  1. 手紙
    作詞・作曲:宮沢和史
  2. 砂の岬 Ponta de Areia
    作詞:MILTON NASCIMENT 作曲:FERNANDO BRANT
    日本語詞:国安真奈・宮沢和史

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
手紙 (THE BOOMの曲)
Listen to this article