仏教における(ほう、: dharma: dhamma)とは、法則真理、教法・説法、存在、具体的な存在を構成する要素的存在などのこと。本来は「保持するもの」「支持するもの」の意で、それらの働いてゆくすがたを意味して「秩序」「掟」「法則」「慣習」など様々な事柄を示す。三宝のひとつに数えられる。仏教における法を内法と呼び、それ以外の法を外法と呼ぶ。

Quick facts: 仏教用語 法, パーリ語, サンスクリット語, 中国語, 日本語...
仏教用語
パーリ語 धम्म Dhamma (ダンマ)
サンスクリット語 धर्म Dharma (ダルマ)
中国語
軌則
達摩
日本語
(ローマ字: hou)
英語 Norm, truth, nature, morality
テンプレートを表示
Close

ダルマは「たもつ」「支持する」などの意味をもつ動詞 (dhṛ) からつくられた名詞であり、漢訳仏典では音写されて達磨(だつま)、達摩(だつま)、曇摩(どんま)、曇無(どんむ)などとなり、通常は「法」と訳されている。また、「存在」を意味する男性名詞「: bhāva」が、玄奘により(『阿毘達磨倶舎論』)と、真諦により法有(『阿毘達磨倶舎釈論』)と、それぞれ訳されていた[1]