自虐史観

ウィキペディア フリーな 百科事典

自虐史観(じぎゃくしかん)とは、太平洋戦争大東亜戦争)後の日本の社会や歴史学界、教育界における特定の歴史観批判・否定的に評価する言葉である。この言葉を使用する論者が何らかの歴史に関する記述が日本の歴史の負の部分をことさらに強調して日本を貶めていると批判する際に用いられる。ほぼ同種の造語として、日本悪玉史観東京裁判史観がある。また、「自虐史観の病理」の著者である藤岡信勝は自虐史観の対義語として「自由主義史観」を提唱した。