鍜治真起 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 鍜治真起.

鍜治真起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鍜治 真起(かじ まき、1951年 - )は、株式会社ニコリの代表取締役社長である。北海道札幌市出身。

経歴

1951年、北海道札幌市生まれ。東京都立石神井高等学校卒、慶應義塾大学国文科中退。

1980年、印刷会社に務めながら、友人たちと共同で「パズルの雑誌(『パズル通信ニコリ』創刊準備号)」を発行する。1983年に、ニコリを設立する。

1984年、アメリカのパズル誌に載っていた「Number Place」というパズルを初めて目にし、日本で「数字は独身に限る」という名称で発表したことから、数独の名付け親として知られる。

『パズル通信ニコリ』創刊後、1991年まで編集長、1998年まで指揮、月刊時代の一年間を再び編集長を務めたが、『パズル通信ニコリ』の季刊化に伴い編集部から離れている。

競馬愛好家であり、「もしや万一」のペンネームで別冊宝島に何度か寄稿している。 また、このペンネームでニコリ本誌に絵ヒントクロスなどのパズルも発表している。

著作

図書

  • 『本屋さんに行くと言ってウルグアイの競馬場に行った』波書房、1997年1月。ISBN 4-8164-1243-3
  • 数独はなぜ世界でヒットしたか』メディアファクトリー、2010年3月。ISBN 978-4-8401-3265-7

記事

  • 「数独パズル」世界を制す」『文藝春秋』第84巻第8号、文藝春秋、2006年6月、 326-333頁。
  • 「Q あなたが考える「仕事を楽しめる人」とは? 自分の尺度に合った仕事を追求する人」『The21』第23巻(11号) (通号 264)、PHP研究所、2006年11月、 33-35頁、 ISSN 0910-9811
  • 阿川佐和子、鍜治真起「阿川佐和子のこの人に会いたい(659)いまや数独は世界で83か国、毎日1億人ぐらいが解いています 数独の父 鍜治真起(かじまき)」『週刊文春』第48巻(48号) (通号 2406)、文藝春秋、2006年12月14日、 154-158頁。
  • 「痛恨の失敗から生まれた「数独」大ヒット」『週刊東洋経済』第6182号、東洋経済新報社、2009年1月17日、 74-75頁、 ISSN 0918-5755
  • 「ペーパー大陸のオアシスとして――新聞で遊ぶ パズルの魅力」『新聞研究』第703号、日本新聞協会、2010年2月、 67-69頁、 ISSN 0288-0652

関連項目

外部リンク

この項目は、人物に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝、Portal:人物伝)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
鍜治真起
Listen to this article