高橋慎一朗 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 高橋慎一朗.

高橋慎一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事の参考文献は、一次資料や記事主題の関係者による情報源に頼っています。信頼できる第三者情報源とされる出典の追加が求められています。出典検索?: "高橋慎一朗" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2013年6月)

高橋 慎一朗(たかはし しんいちろう、1964年 - )は、日本歴史学者東京大学史料編纂所教授。専門は日本中世史・都市史・鎌倉時代政治史。

来歴

神奈川県小田原市出身。神奈川県立湘南高等学校卒業。1988年東京大学文学部国史学科卒業。1990年同大学院人文科学研究科博士課程中退。1997年「中世の都市と武士」で、東京大学より文学博士を取得[1]1992年東京大学史料編纂所助手、助教授、2007年准教授(古文書古記録部 古文書室)、2016年教授。

著書

  • 『中世の都市と武士』吉川弘文館 1996
  • 『武家の古都、鎌倉山川出版社・日本史リブレット 2005
  • 『中世都市の力 京・鎌倉と寺社』高志書院 2010
  • 『武士の掟 「道」をめぐる鎌倉・戦国武士たちのもうひとつの戦い』新人物往来社 2012
  • 北条時頼』人物叢書 吉川弘文館、2013
  • 『日本中世の権力と寺院』吉川弘文館、2016

共編著

  • 『中世の都市 史料の魅力、日本とヨーロッパ』千葉敏之共編 東京大学出版会 2009
  • 『Jr.日本の歴史 3 武士の世の幕あけ 鎌倉時代から室町時代高橋典幸、末柄豊共著 小学館 2010
  • 『史跡で読む日本の歴史 6 鎌倉の世界』編 吉川弘文館 2010
  • 『列島の鎌倉時代 地域を動かす武士と寺社』編 高志書院 2011

出典・脚注

  1. ^ 中世の都市と武士 高橋慎一朗”. 国立国会図書館. 2013年6月14日閲覧。

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
高橋慎一朗
Listen to this article