NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE.

NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE
TMNベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Epic/Sony Records
プロデュース 小坂洋二
チャート最高順位
TMN アルバム 年表
GROOVE GEAR 1984-1994
1994年
TETSUYA KOMURO PRESENTS TMN BLACK
TAKASHI UTSUNOMIYA PRESENTS TMN RED
NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE
1994年
TMN final live LAST GROOVE
5.18・5.19
1994年
テンプレートを表示

NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE』(ナオト・キネ・プレゼンツ・ティーエムエヌ・ブルー)は1994年6月22日にリリースされたTMNベスト・アルバム

解説

バラードをセレクションしたアルバムである。

全体的に『GORILLA』、『Self Control』、『humansystem』に収録されている曲が多く、シングル曲はほとんど収録されていない。

未発表曲の「ANOTHER MEETING」も収録。

ダンス系の楽曲が多いTMNにおいて裏ベスト的なニュアンスのアルバムである。

収録曲

曲の解説やタイアップ等はTM NETWORKや他のアルバムで解説しているため省略する。なお、曲名はベストアルバムの歌詞カードなどに記されているものに則って表記した。

  1. TIME PASSED ME BY (1987)
    4thアルバム『Self Control』収録曲。
  2. GIRL (1986)
    7thシングル。次の曲と繋がるように編集されている。
  3. TIME (1985)
    2ndアルバム『CHILDHOOD'S END』収録曲。前の曲と繋がるように編集されている。
  4. CONFESSION〜告白〜 (1986)
    • 作詞:西門加里 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
    3rdアルバム『GORILLA』収録曲。
  5. HERE, THERE & EVERYWHERE(1987)
    • 作詞・作曲・編曲:小室哲哉
    4thアルバム『Self Control』収録曲。
  6. SAD EMOTION (1986)
    • 作詞:神沢礼江 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
    3rdアルバム『GORILLA』収録曲。
  7. GIRL FRIEND (1988)
    • 作詞:小室みつ子 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
    14thシングル『SEVEN DAYS WAR』のカップリング曲。
  8. 1/2の助走(1984)
    • 作詞:西門加里 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
    1stアルバム『RAINBOW RAINBOW』収録曲。
  9. TELEPHONE LINE (1987)
    • 作詞:小室みつ子 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
    5thアルバム『humansystem』収録曲。
  10. FIGHTING(1987)
    • 作詞:小室みつ子 作曲・編曲:小室哲哉
    10thシングル『Get Wild』のカップリング曲。
  11. THIS NIGHT (1987)
    • 作詞・作曲・編曲:小室哲哉
    5thアルバム『humansystem』収録曲。
  12. FOOL ON THE PLANET (1987)
    • 作詞:小室みつ子 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
    4thアルバム『Self Control』収録曲。
  13. WINTER COMES AROUND (1988)
    • 作詞:小室みつ子 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
    6thアルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』収録曲。
  14. ANOTHER MEETING (未発表1994)
    作詞:木根尚登 作曲:宇都宮隆
    TMN最後のシングル『Nights of The Knife』のカップリングになる予定だったが、宇都宮の声の調子が悪くて延期になったとのことらしい(SPIN OFF from TM ライブパンフレットコメントより)。木根作詞、宇都宮作曲という珍しい組み合わせで、アレンジもアコースティックギターを基本とした素朴なものであり小室色が薄い。新曲であるが終了後に発表された曲であるため、記載上は未発表1994になっている。2005年のトリビュートライブ『SPIN OFF from TM』の際、アンコールで演奏された。
この項目は、アルバムに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJアルバム)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE
Listen to this article