クリスチャン・シオニズム

ウィキペディア フリーな 百科事典

クリスチャン・シオニズムは、アブラハムと結んだ「アブラハム契約」に基づき、シオン・エルサレムがアブラハムの子孫に永久の所有として与えられたとするキリスト教教理の一つ。全教派で認められている・信じられている訳ではなく、むしろ信じている者は一部であり[要出典]キリスト教プロテスタント福音派の一部や、ドイツルーテル教会マリア福音姉妹会[1]末日聖徒イエス・キリスト教会などで信じられている教理である。この教理を信じる人をクリスチャン・シオニストと呼ぶ。近代シオニズムは、19世紀後半頃からアメリカのディスペンセーション主義の神学者達が主張するようになった。

この立場では、イスラエルパレスチナ)をユダヤ人に与えた土地と認める。さらに、イスラエル国家の建設は聖書に預言された「イスラエルの回復」であるとし、ユダヤ人のイスラエルへの帰還を支援する。キリストの再臨と世界の終末が起こる前に、イスラエルの回復がなされている必要があると考え、イスラエルの建国と存続を支持する。