ペッパー・ポッツ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ペッパー・ポッツ.

ペッパー・ポッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

このページは「アイアンマン (映画)」、「アイアンマン2」、「アベンジャーズ (2012年の映画)」、「アイアンマン3」、「スパイダーマン:ホームカミング」との間で記事内容の一部転記が提案されています。議論は「このページのノート」を参照してください。(2020年2月)
このページは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」との間で記事内容の一部転記が提案されています。議論は「このページのノート」を参照してください。(2020年2月)

ヴァージニア・"ペッパー"・ポッツ[1] (Virginia "Pepper" Potts)、通称ペッパー・ポッツ (Pepper Potts) は、マーベル・コミックの世界に登場する、アイアンマントニー・スターク)のサポートキャラクターであり、トニー・スタークの秘書であった。初出は1963年9月の『Tales of Suspense』45号。

トニー・スタークの信頼が厚く、アイアンマンの正体を知る人物の1人である。彼女はトニーに恋心を抱いていたが、後に彼の運転手であるハッピー・ホーガンと間で結婚と離婚を繰り返した。一時期、トニーの下を離れて、夫の死後にはフィフティ・ステート・イニシアティブのカルフォルニア州のチームに参加し「ヘラ」のコードネームで活動していた時期もある。

その後、トニーを恨むエゼキエル・ステインに襲撃されて重傷を負い、彼女の命を救うためにトニーは彼女をサイボーグ化するしかなかった。

「Invincible Iron Man #10」では、アイアンマン・スーツMark1616「レスキュー」を装着した。

他のメディア

映画

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 『マーベル・キャラクター大事典』では、「"ペパー"・ポッツ」と表記している。

参考文献

  • トム・デファルコ、ピーター・サンダーソン、トム・ブレブールト、マイケル・タイテルバウム、ダニエル・ウォレス、アンドリュー・ダーリング、マット・フォーベック 共著/柳亨英・光岡三ツ子・沢田京子 訳『マーベル・キャラクター大事典』(小学館集英社プロダクション、2010年)ISBN 978-4-7968-7069-6 「ヴァージニア・"ペパー"ポッツ」(P248、執筆者:ダニエル・ウォレス、マット・フォーベック)他

外部リンク

この項目は、漫画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:漫画/PJ漫画/PJ漫画雑誌)。項目が漫画家・漫画原作者の場合には((Manga-artist-stub))を貼り付けてください。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ペッパー・ポッツ
Listen to this article