cover image

仏教(佛敎、ぶっきょう、サンスクリット語: बौद्धधर्मラーオ語:ພຸດທະສາສະໜາ英語: Buddhism)は、インド釈迦ゴータマ・シッダッタガウタマ・シッダールタゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教[1]仏陀、目覚めた人、: Buddha)の説いた教え[2]

Quick facts: 仏教, 国・地域, 信者数, 成立年, 創始者...
仏教
国・地域 主にアジア東南
信者数 約5億人
成立年 紀元前5世紀
創始者 釈迦
信仰対象
聖典 仏典
宗派 下記宗派参照
聖地 八大聖地
発祥地 インドブッダガヤ
教義 苦の輪廻から解脱することを目的として種々の修行を行う
備考 世界宗教のひとつ
テンプレートを表示
Close

キリスト教イスラム教に次ぐ世界宗教の1つ。特に東アジア東南アジア南アジアで広まっている。

教義は輪廻からの解脱を目指す。原因と結果の理解に基づき、諸々の現象が縁起するとされる[3]

仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者であるからなる三宝を中心に組織される[4]。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧。後ろ2つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法。実践にて重要となる能力は六波羅蜜八正道のように、いくつかの方法でまとめられている。

紀元前450年頃にインドで始まり、今では初期仏教として研究される。釈迦は、他の宗教者の主張であるアートマン(真我)の存在を否み無我とした[5]。釈迦の死後数百年で部派仏教が生まれ、大衆部上座部に分かれた。更に細分されたが、今なお大きな勢力として続くのは、南方に伝播した上座部仏教で、初期の教えを模範とする。紀元前の終わり頃に北方に伝播し日本にも伝わることになる大乗仏教が始まり、教義や団体は多彩に発展しており、禅那の瞑想法の様々、チベットや日本の真言宗に残る密教、一方で浄土信仰のような信仰形態の変化など多様である。

日本書紀』は、日本に伝来したのは552年欽明天皇13年)とする。今も多くの寺院や信徒がおり、出版物も多い[注釈 1]日本の仏教)。