ロータス・69 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ロータス・69.

ロータス・69

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2020年1月)
ロータス・69
ロータス・69、2005年、ザルツブルクリンク
カテゴリー F2, F3, F1
コンストラクター チーム・ロータス
デザイナー モーリス・フィリップ, デイヴ・ボールドウィン
先代 ロータス・56B
後継 ロータス・72E
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック.
エンジン フォード-コスワース DFV 2,993 cc (182.6 cu in) 90° V8,
トランスミッション ヒューランド 5速
タイヤ ファイアストン
主要成績
チーム ピート・ラヴリー・フォルクスワーゲン・インク
ドライバー
ピート・ラヴリー
初戦 1971年カナダグランプリ
出走優勝ポールFラップ
2000
テンプレートを表示

ロータス・69 (Lotus 69) は、ロータスが開発したフォーミュラカーフォーミュラ2フォーミュラ3およびフォーミュラ・フォードで使用された。1970年にヨッヘン・リントがF2選手権タイトルを獲得した。1971年には8台が製作され、F2選手権で使用された。

1971年F1世界選手権終盤2戦に本車でピート・ラヴリーが出場したが、いずれもリタイアに終わった。

ヨッヘン・リントのドライブするロータス・69、1970年
ヨッヘン・リントのドライブするロータス・69、1970年

F1における全成績

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1971年 Pete Lovely Volkswagen Inc. フォード コスワース DFV
3.0 V8
F RSA
ESP
MON
NED
FRA
GBR
GER
AUT
ITA
CAN
USA
NC 0
ピート・ラヴリー NC NC

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、ロータス・69に関連するカテゴリがあります。
この項目は、モータースポーツに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ロータス・69
Listen to this article