晏紫 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 晏紫.

晏紫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

晏紫
Zi Yan
Tennis pictogram.svg
晏紫
基本情報
国籍
中華人民共和国
出身地 四川省成都市
生年月日 (1984-11-12) 1984年11月12日(35歳)
身長 171cm
体重 55kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2016年
ツアー通算 18勝
シングルス 1勝
ダブルス 17勝
生涯通算成績 574勝339敗
シングルス 199勝160敗
ダブルス 375勝179敗
生涯獲得賞金 $1,977,871
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2006)
全仏 1回戦(2006・08)
全英 1回戦(2006-08)
全米 1回戦(2006-08)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2006)
全仏 ベスト4(2006)
全英 優勝(2006)
全米 ベスト8(2005・06・08)
優勝回数 2(豪1・英1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 ベスト4(2008)
全仏 ベスト4(2007)
全英 3回戦(2010)
全米 ベスト4(2007)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 40位(2008年5月5日)
ダブルス 4位(2006年7月10日)
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
2008 北京 ダブルス

晏 紫(ヤン・ツィ、ピン音表記: Yan Zi , 1984年11月12日 - )は、中華人民共和国四川省成都市出身の女子プロテニス選手。同僚の鄭潔とペアを組んで、2006年全豪オープンウィンブルドン女子ダブルスで優勝を飾り、中国のテニス選手として最初の4大大会優勝者に輝いた。WTAツアーでは、ダブルスで4大大会2勝を含む17勝を挙げ、シングルスでも1勝がある。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ち。自己最高ランキングはシングルス40位、ダブルス4位。身長171cm、体重55kg、右利き。

来歴

2002年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップ中国代表選手となり、国外のテニス大会に活動の場を広げる。同年5月に福岡のトーナメントで初来日し、本戦の2回戦に進出した。2003年2月にプロ転向。2003年には「ジャパン・オープン」でベスト8進出があるが、この時は準々決勝で同僚の鄭潔との“中国対決”に敗れている。シングルスは鄭潔ほど得意ではないが、ダブルス優勝を果たした2006年全豪オープンで初めての本戦出場を果たし、2回戦に勝ち進んだ。これで晏紫もシングルスで世界ランキングトップ100位以内の選手になった。

2004年アテネ五輪でテニスの中国代表選手に選ばれた時、女子ダブルスには晏紫&鄭潔の組と、李婷孫甜甜組の2組を送り出した。このアテネ五輪では李婷&孫甜甜組が女子ダブルスの金メダルを獲得し、中国に初めてのテニス金メダルをもたらした。それから1年半後、2006年全豪オープン女子ダブルスでは、晏紫&鄭潔の組が第12シードから勝ち上がった。2人のダブルスは、リターンの時に「2人とも後ろに並ぶ」スタイルで、世界の標準的なダブルスとは大きく異なる。これが対戦相手を戸惑わせ、2人は準決勝で浅越しのぶカタリナ・スレボトニクスロベニア)組に 6-2, 7-6 で勝ち、決勝では第1シードのリサ・レイモンドアメリカ)&サマンサ・ストーサーオーストラリア)組を 2-6, 7-6, 6-3 の逆転で破り、中国に史上初のテニス4大大会タイトルをもたらした。

その後、ウィンブルドンでも中国テニス界は大きな躍進を見せる。晏紫は女子シングルス1回戦でアンナ・チャクベタゼロシア)に敗れたが、鄭潔とのダブルスで2度目の4大大会決勝に勝ち進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアルスペイン)&パオラ・スアレスアルゼンチン)組を 6-3, 3-6, 6-2 で破り、中国のテニス選手として最初のウィンブルドン優勝者になった。

ウィンブルドン選手権の後、7月15日-16日にかけて女子テニス国別対抗戦・フェドカップの「ワールドグループ・プレーオフ」が中国の首都北京で開かれ、中国はドイツを「4勝1敗」で下して2007年度のワールドグループ出場権を獲得した。晏紫は最終第5試合で鄭潔とのダブルス戦に勝利を収め、中国にとって初めてのワールドグループ進出に大きく貢献した。 しかし2007年全豪オープンでは、晏紫と鄭潔は女子ダブルス準決勝で台湾ペアの詹詠然&荘佳容組に 3-6, 4-6 で敗れ、大会2連覇を逃した。

2008年8月、晏紫と鄭潔は地元開催の北京五輪で女子ダブルスの銅メダルを獲得した。準決勝でスペイン代表のビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に 4-6, 6-7 で敗れた2人は、準決勝敗退ペア2組による「銅メダル決定戦」でウクライナの姉妹ペア、アリョーナ・ボンダレンコ&カテリナ・ボンダレンコ組に 6-2, 6-2 のストレート勝ちを収めた。

2009年12月に晏紫は結婚した[1]。2011年5月のブリュッセル大会のシングルスで予選敗退した試合を最後に公式戦から遠ざかり、晏紫は2012年1月17日に長女を出産している[2]。2012年9月の広州国際女子オープンのダブルスから復帰していたが、2013年8月に地元の大会に出場したのが最後となり2016年に現役引退を発表した。

WTAツアー決勝進出結果

シングルス: 1回 (1勝0敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2005年9月26日
広州
ハード
ヌリア・リャゴステラ・ビベス
6–4, 4–0 途中棄権

ダブルス: 28回 (17勝11敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2003年6月14日
ウィーン
クレー
鄭潔
李婷
孫甜甜
3-6, 4-6
優勝 1. 2005年1月14日
ホバート
ハード
鄭潔
アナベル・メディナ・ガリゲス
ディナラ・サフィナ
6–4, 7–5
優勝 2. 2005年2月12日
ハイデラバード
ハード
鄭潔
李婷
孫甜甜
6–4, 6–1
準優勝 2. 2005年9月18日
バリ
ハード
鄭潔
メガン・ショーネシー
アンナ=レナ・グローネフェルト
3-6, 3-6
準優勝 3. 2005年9月25日
北京
ハード
鄭潔
マリア・ベント=カブチ
ヌリア・リャゴステラ・ビベス
2-6, 4-6
優勝 3. 2006年1月28日
全豪オープン
ハード
鄭潔
リサ・レイモンド
サマンサ・ストーサー
2–6, 7–6(7), 6–3
準優勝 4. 2006年2月12日
パタヤ
ハード
鄭潔
李婷
孫甜甜
6-3, 1-6, 6-7(5)
優勝 4. 2006年5月14日
ベルリン
クレー
鄭潔
エレーナ・デメンチェワ
フラビア・ペンネッタ
6–2, 6–3
優勝 5. 2006年5月21日
ラバト
クレー
鄭潔
アシュリー・ハークルロード
ベサニー・マテック
6–1, 6–3
優勝 6. 2006年6月24日
スヘルトーヘンボス
鄭潔
アナ・イバノビッチ
マリア・キリレンコ
3–6, 6–2, 6–2
優勝 7. 2006年7月8日
ウィンブルドン
鄭潔
ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
パオラ・スアレス
6–3, 3–6, 6–2
準優勝 5. 2006年8月13日
ストックホルム
ハード
鄭潔
ヤルミラ・ガイドソバ
エバ・ブリネロバ
6-0, 4-6, 2-6
優勝 8. 2006年8月26日
ニューヘイブン
ハード
鄭潔
リサ・レイモンド
サマンサ・ストーサー
6–4, 6–2
優勝 9. 2007年4月15日
チャールストン
クレー
鄭潔
彭帥
孫甜甜
7–5, 6–0
優勝 10. 2007年5月26日
ストラスブール
クレー
鄭潔
アリシア・モリク
孫甜甜
6–3, 6–4
優勝 11. 2007年9月30日
広州
ハード
彭帥
バニア・キング
孫甜甜
6–3, 6–4
優勝 12. 2007年10月7日
東京
ハード
孫甜甜
荘佳容
バニア・キング
1–6, 6–2, [10-6]
優勝 13. 2007年10月14日
バンコク
ハード
孫甜甜
波形純理
森田あゆみ
不戦勝
準優勝 6. 2008年1月5日
ゴールドコースト
ハード
鄭潔
ディナラ・サフィナ
アグネシュ・サバイ
1-6, 2-6
優勝 14. 2008年1月11日
シドニー
ハード
鄭潔
タチアナ・ペレビニス
タチアナ・ポウチェク
6–4, 7–6(5)
準優勝 7. 2008年3月1日
ドバイ
ハード
鄭潔
カーラ・ブラック
リーゼル・フーバー
5-7, 2-6
準優勝 8. 2008年3月23日
インディアンウェルズ
ハード
鄭潔
ディナラ・サフィナ
エレーナ・ベスニナ
1-6, 6-1, [8-10]
優勝 15. 2008年5月24日
ストラスブール
クレー
タチアナ・ペレビニス
詹詠然
荘佳容
6–4, 6–7(3), [10–6]
準優勝 9. 2008年9月21日
広州
ハード
孫甜甜
マリヤ・コリツェワ
タチアナ・ポウチェク
3-6, 6-4, [8-10]
準優勝 10. 2009年5月23日
ワルシャワ
クレー
鄭潔
ラケル・コップス=ジョーンズ
ベサニー・マテック=サンズ
1-6, 1-6
優勝 16. 2009年8月9日
ロサンゼルス
ハード
荘佳容
マリア・キリレンコ
アグニエシュカ・ラドワンスカ
6–0, 4–6, [10–7]
優勝 17. 2010年4月11日
ポンテベドラビーチ
クレー
ベサニー・マテック=サンズ
荘佳容
彭帥
4–6, 6–4, [10–8]
準優勝 11. 2010年5月23日
ワルシャワ
クレー
カーラ・ブラック
ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
メガン・ショーネシー
3–6, 4–6

4大大会シングルス成績

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績
全豪オープン A LQ A 2R LQ 1R LQ 1–2
全仏オープン A A A 1R A 1R A 0–2
ウィンブルドン A LQ A 1R 1R 1R A 0–3
全米オープン LQ A LQ 1R 1R 1R A 0–3

脚注

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、晏紫に関連するカテゴリがあります。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
晏紫
Listen to this article