木沢浮泛 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 木沢浮泛.

木沢浮泛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
木沢浮泛
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 左近大夫(通称
主君 畠山義豊義英義堯在氏
氏族 木沢氏
父母 父:木沢秀久?
長政、中務大輔、左馬允
テンプレートを表示

木沢 浮泛(きざわ ふはん)は、戦国時代武将畠山総州家の被官。天文期に河内守護代を務める長政の父。

概略

京都において細川政元の庇護下におかれていた畠山義英に仕え、義英が家督を継承すると、当時家中で最も有力であった遊佐就盛と行動を共にして家中での影響力を強めた。また、天文元年(1532年)に三条西実隆へ酒肴を贈っていることなどから、在京期に冷泉政為などの公家衆との関係を築き上げていたと思われ、このことはのちに子・長政が京都支配に積極的に関与できた土台となった[1]

長政が畠山氏の実権を握るとその名代として活動するが、様々な悪行で人々から恨まれたらしく(『天文日記』天文5年4月1日・6月26日条)、父の振舞いに困り果てた長政が天文9年(1540年)に父を義絶する旨を各方面に伝えている(『天文日記』天文9年7月8日条)[2]

天文11年(1542年)に長政が太平寺の戦いにおいて戦死した際、息子の中務大輔・左馬允兄弟(長政の弟たち)や孫である孫九郎(長政の長男であるが庶子)らとともに、浮泛は飯盛山城に籠っていたが、それ以降の行方がつかめず程なくして没したとされる[3]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 馬部 2018, pp. 356-358.
  2. ^ 馬部 2018, pp. 395-396.
  3. ^ 馬部 2018, pp. 413-414.

参考文献

  • 馬部隆弘 『戦国期細川権力の研究』 吉川弘文館、2018年。ISBN 978-4-642-02950-6 
    • 「畠山氏における奉書の展開と木沢家の出自」(338-366頁) 初出: 『大阪大谷大学歴史文化研究』 17号、2017年。  - 大阪大谷大学機関リポジトリ
    • 「木沢長政の政治的立場と軍事編成」(367-412頁) 初出:小谷利明・弓倉弘年編 『南近畿の戦国時代―躍動する武士・寺社・民衆―』 戎光祥出版、2017年。ISBN 978-4-86403-267-4 
    • 「木沢長政の墓と遺族の動向」(413-424頁) 初出: 『八尾市立歴史民俗資料館研究紀要』 28号、2017年。 
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
木沢浮泛
Listen to this article