誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました… - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました….

誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

いきものがかり > 誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…
誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…
いきものがかりライブ・アルバム
リリース
録音 2003年6月2日
日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル Thunder Snake Record
いきものがかり アルバム 年表
誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…
2003年
七色こんにゃく
2004年
テンプレートを表示

誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…』(まことにせんえつながらファーストアルバムをこしらえました…)は、いきものがかりのインディーズ1枚目のアルバム。2003年8月25日にThunder Snake Recordより発売された。

概要

それまでいきものがかりは、カバー曲を中心に、路上ミュージシャンとして活動していた[1]が、ボーカル吉岡聖恵が進学した昭和音楽大学短期大学部における厳しい練習からスランプに陥ていたことから一時音楽活動は停滞を余儀なくされていた。2003年3月、吉岡がスランプから立ち直ったのを契機として音楽活動を本格化させることを決意し、以降オリジナル曲を精力的に制作していく。同年6月2日には、厚木市ライブハウス「Thunder Snake ATSUGI」にて、これらオリジナル曲を初めてのワンマンライブで披露した[1]。同年8月25日に、サンダースネーク厚木の協力のもと、このライブの音源をレコーディングしたものを『誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…』として発売した[2]

インディーズ時代に発売した3作のアルバムの中で唯一廃盤になっておらず、現在も神奈川県の一部店舗で購入することができる[3][4]

本作品に収録された6作のうち、『歌姫』を除く5作は、メジャーデビュー後、リメイクされてメジャーアルバムに収録されている。

収録曲

  1. 花は桜 君は美し (4:25)
    リアレンジして8thシングルとしてリリース。
    インディーズ時代のファーストライブを飾った曲であり、路上ライブでも必ず演奏されてきた曲である[5]
    メジャー版では、歌詞の差し替えや一部削除など大幅なアレンジが施されている。
    メジャーデビュー後に撮影されたミュージックビデオはインディーズ時代に路上ライブを行ったことのある桜木町で収録されており、路上ライブをイメージしたものである[6]
  2. 歌姫 (6:58)
    • 作詞・作曲:水野良樹
    本作で唯一メジャー作品未収録(2019年1月現在)。
    短調の曲で、切ない恋心を抱く少女が思いの丈を意中の人に歌いかけるという内容の曲である。
  3. 地球 (6:29)
    5thアルバム『NEWTRAL』にリアレンジ収録。なお、アルバム収録前に横浜スタジアムライブで披露したときの映像が『いきものまつり2011 どなたサマーも楽しみまSHOW!!! 〜横浜スタジアム〜』に収録されている[7]
    曲の読み方は「ちきゅう」ではなく「ほし」である。
  4. 秋桜 (4:46)
    • 作詞・作曲:山下穂尊
    4thアルバム『ハジマリノウタ』にリアレンジ収録。
  5. ノスタルジア (5:22)
    • 作詞・作曲:水野良樹
    リアレンジして17thシングルとしてリリース。
    メジャー版では歌詞の一部が異なっているほか、ラストサビが追加されているため17秒長くなっている。
    超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜』初回限定盤付属のボーナスディスクには、歌詞をインディーズのバージョンに戻した「ノスタルジア-Original Lyrics ver.-」が収録されている。ただし曲構成はメジャー版のままのため、完全にインディーズ版の歌詞と同じというわけではない。
    インディーズ時代の楽曲でも特に重要な位置にある曲で、路上ライブで人を止めたりするときなどに演奏する「勝負曲」であった[8]
  6. 夏・コイ (7:30)
    • 作詞・作曲:山下穂尊
    1stアルバム『桜咲く街物語』にリアレンジ収録。
    水野と山下もボーカルをとっている曲である。
    いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』にはメジャー版をさらにリアレンジした「夏・コイ -2010 version-」が収録されており[9]、3バージョン存在することになる。
    いきものがかりの曲のなかで最も古い曲であり、ワンマンライブでは必ず演奏されてきた曲である[10]

脚注

  1. ^ a b よっちゃんのつぶやき74 - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」 2007-11-06
  2. ^ よっちゃんのつぶやき78「いきものがかり」よっちゃんのつぶやき
  3. ^ [1]しょいふるミュージック
  4. ^ 他2作は『七色こんにゃく』(2004年)、『人生すごろくだべ。』(2005年)
  5. ^ 花は桜 君は美しソニーミュージックエンターテイメント
  6. ^ Scene-いきものがかりテレビ東京
  7. ^ いきものがかり、最新作の収録曲発表 インディーズ時代の名曲も収録オリコン
  8. ^ 時を超えてよみがえるメロディ 勝負曲「ノスタルジア」リリース音楽ナタリー
  9. ^ 初ベスト盤「いきものばかり」に込めた4年8ヶ月のヒストリー音楽ナタリー
  10. ^ 総力特集 Vol.8 いきものがかりExcite

外部リンク

この項目は、アルバムに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJアルバム)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…
Listen to this article