原彪 (茨城県の政治家) - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 原彪 (茨城県の政治家).

原彪 (茨城県の政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原 彪(はら たけし、1904年10月 - 1954年1月23日)は、日本政治家衆議院議員(3期)。土浦市長(2期)。

来歴・人物

茨城県出身。1930年東京帝国大学卒。三井物産に入り、その後霞ヶ浦造船常務取締役となる。1945年6月土浦市長に就任する。翌1946年6月再任する。1947年第23回衆議院議員総選挙茨城3区から民主党公認で立候補して当選する。衆議院議員は3期務めた。この間衆議院文部委員長[1]などを務めた。在職中の1954年死去。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 『議会制度百年史 - 資料編』76頁。

参考文献

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 資料編』大蔵省印刷局、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。


議会
先代:
円谷光衛
衆議院文部委員長

1949年 - 1950年
次代:
長野長広
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
原彪 (茨城県の政治家)
Listen to this article