櫨山裕子 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 櫨山裕子.

櫨山裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この存命人物の記事には、出典が全くありません。 信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2011年3月)

櫨山裕子(はぜやま ひろこ、1960年 - )は、日本テレビ放送網所属で現在は情報・制作局・局長待遇ゼネラルプロデューサー。

経歴

東京女子大学社会学部卒業後、1983年日本テレビ入社。バラエティ番組音楽番組のADを担当し、1989年に『鶴ちゃんのプッツン5』のディレクターに昇格。1994年にドラマ制作部に異動。以後、数多くのテレビドラマをプロデュースしている。『金田一少年の事件簿』のプロデュースを皮切りに、堤幸彦とのタッグで「土9」ドラマを日テレの看板枠に押し上げた。代表作に、『銀狼怪奇ファイル』『サイコメトラーEIJI』『ハケンの品格』など。

以前は、日本テレビ放送網編成局制作センタードラマ制作担当副部長兼編成局(2006年1月からは、制作局)プロデューサー、ドラマ局チーフプロデューサー、制作局ドラマ制作部長、制作局プロデューサー兼SCC(シニア・チーフ・クリエイター)を務めた。

2009年7月よりドラマ局チーフプロデューサー。2010年7月よりドラマ局シニアチーフクリエイター。2011年7月制作局ドラマセンターに改称。2015年6月制作局専門局次長兼務、2017年6月制作局専門局長兼ドラマ担当統括プロデューサー。2018年6月より局長待遇ストックコンテンツセンターゼネラルプロデューサー[1]、2019年5月31日を持ってストックコンテンツセンターが廃止になった。

作品

ディレクター

プロデューサー

チーフプロデューサー

シニアチーフクリエイター

脚注

  1. ^ 文化通信2018年5月16日(水)付より。
この項目は、人物に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝、Portal:人物伝)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
櫨山裕子
Listen to this article