1996年のワールドシリーズ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1996年のワールドシリーズ.

1996年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1996年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
アトランタ・ブレーブスNL 2
シリーズ情報
試合日程 10月20日–26日
観客動員 6試合合計:32万4685人
1試合平均:05万4114人
MVP ジョン・ウェッテランド(NYY)
ALCS NYY 4–1 BAL
NLCS ATL 4–3 STL
殿堂表彰者 ジョー・トーリ(NYY監督)
ウェイド・ボッグス(NYY内野手)
デレク・ジーター(NYY内野手)
ティム・レインズ(NYY外野手)
マリアノ・リベラ(NYY投手)
ジョン・シャーホルツ(ATL GM)
ボビー・コックス(ATL監督)
トム・グラビン(ATL投手)
チッパー・ジョーンズ(ATL内野手)
グレッグ・マダックス(ATL投手)
ジョン・スモルツ(ATL投手)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
シリーズ出場 15年ぶり34回目
GM ボブ・ワトソン
監督 ジョー・トーリ
シーズン成績 92勝70敗・勝率.568
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり21万6870.08ドル[1]
アトランタ・ブレーブス(ATL)
シリーズ出場 02年連続08回目
GM ジョン・シャーホルツ
監督 ボビー・コックス
シーズン成績 96勝66敗・勝率.593
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり14万3678.36ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 FOX
実況 ジョー・バック
解説 ティム・マッカーバー
ボブ・ブレンリー
平均視聴率 17.4%(前年比2.1ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1995 1997 > 

1996年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第92回ワールドシリーズ(92nd World Series)は、10月20日から26日にかけて計6試合が開催された。その結果、ニューヨーク・ヤンキースアメリカンリーグ)がアトランタ・ブレーブスナショナルリーグ)を4勝2敗で下し、18年ぶり23回目の優勝を果たした。

両チームの対戦は、1958年以来36年ぶり3回目。また、ヤンキースのシリーズ出場は1981年以来15年ぶりである。ヤンキースとしては1921年の初出場以降、最も長期間シリーズ出場から遠ざかっていたことになる[3]。連続不出場記録を止めた今シリーズでは、初戦から2連敗のあと4連勝で優勝を決めた。相手のブレーブスにとっては、翌シーズンから本拠地球場をターナー・フィールドに移すため、今シリーズ第3戦からの3試合がアトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアムでの最後の試合となったが、全敗に終わりシリーズ制覇も逃した[4]シリーズMVPには、第3戦からの4連投で全てセーブを記録し、5試合4.1イニングで防御率2.08という成績を残したヤンキースのジョン・ウェッテランドが選出された。

試合結果

1996年のワールドシリーズは10月20日に開幕し、途中に移動日を挟んで7日間で6試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月19日(土) 第1戦 雨天順延 ヤンキー・スタジアム
10月20日(日) 第1戦 アトランタ・ブレーブス 12-1 ニューヨーク・ヤンキース
10月21日(月) 第2戦 アトランタ・ブレーブス 4-0 ニューヨーク・ヤンキース
10月22日(火) 第3戦 ニューヨーク・ヤンキース 5-2 アトランタ・ブレーブス アトランタ・フルトン・
カウンティ・スタジアム
10月23日(水) 第4戦 ニューヨーク・ヤンキース 8-6 アトランタ・ブレーブス
10月24日(木) 第5戦 ニューヨーク・ヤンキース 1-0 アトランタ・ブレーブス
10月25日(金) 移動日
10月26日(土) 第6戦 アトランタ・ブレーブス 2-3 ニューヨーク・ヤンキース ヤンキー・スタジアム
優勝:ニューヨーク・ヤンキース(4勝2敗 / 18年ぶり23度目)

第1戦 10月20日

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ロバート・メリルによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(1分42秒)
ブレーブスのアンドリュー・ジョーンズが2回表に先制2点本塁打、3回表に3点本塁打を放つ(1分)
5回表、フレッド・マグリフのソロ本塁打でブレーブスが9点目を挙げる(32秒)
ブレーブス先発投手ジョン・スモルツが6回4奪三振1失点で勝利投手に(1分34秒)
8回裏、ティム・レインズの捕邪飛を捕手ハビー・ロペスが捕球する際、投げ捨てたキャッチャーマスクがレインズの股間を直撃する(37秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 2 6 0 1 3 0 0 0 12 13 0
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 4 1
  1. : ジョン・スモルツ(1勝)  : アンディ・ペティット(1敗)  
  2. :  ATL – アンドリュー・ジョーンズ1号2ラン・2号3ラン、フレッド・マグリフ1号ソロ
  3. 審判:球審…ジム・エバンス(AL)、塁審…一塁: テリー・テイタ(NL)、二塁: ティム・ウェルキー(AL)、三塁: スティーブ・リプリー(NL)、外審…左翼: ラリー・ヤング(AL)、右翼: ジェリー・デービス(NL)
  4. 試合時間: 3時間10分 観客: 5万6365人 気温: 53°F(11.7°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・グリッソム 1 D・ジーター
2 M・レムキー 2 W・ボッグス
3 C・ジョーンズ 3 B・ウィリアムス
4 F・マグリフ 4 T・マルティネス
5 J・ロペス 5 DH C・フィルダー
6 J・ダイ 6 D・ストロベリー
7 A・ジョーンズ 7 P・オニール
8 DH R・クレスコ 8 M・ダンカン
9 J・ブラウザー 9 J・レイリッツ
先発投手 投球 先発投手 投球
J・スモルツ A・ペティット

ブレーブスの7番アンドリュー・ジョーンズが、シリーズ初出場のこの試合で、2回表の第1打席と3回表の第2打席の2打席連続で本塁打を放った。A・ジョーンズは1977年4月23日生まれで、この試合時点では19歳6か月28日(180日)である。それまでのシリーズ最年少本塁打記録は20歳11か月16日(352日)で、ミッキー・マントル1952年シリーズ第6戦で樹立したものだったが、A・ジョーンズはこれを更新した[5]。奇しくもこの10月20日は、マントルの誕生日だった[注 1][6]。また、シリーズ初打席からの2打席連続本塁打は、1972年のジーン・テナスに次いで史上2人目である[5]。さらにA・ジョーンズは、6回表の第3打席でも三塁への内野安打で出塁した。ティーンエイジのうちにシリーズ1試合3安打を達成したのも史上2人目で、こちらは1924年フレディ・リンドストロム以来である[注 2][7]。A・ジョーンズの3安打5打点の活躍もあり、ブレーブスは12-1の大勝を収めた。この試合はヤンキースにとっては、シリーズ史上最悪の大敗だった[8]

第2戦 10月21日

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
6回裏、ヤンキースの先頭打者デレク・ジーターが今シリーズ初安打となる右前打を放つ(54秒)
ブレーブス先発投手グレッグ・マダックスが8回無失点で勝利投手に(1分58秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 1 0 1 0 1 1 0 0 0 4 10 0
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 1
  1. : グレッグ・マダックス(1勝)  : ジミー・キー(1敗)  
  2. 審判:球審…テリー・テイタ(NL)、塁審…一塁: ティム・ウェルキー(AL)、二塁: スティーブ・リプリー(NL)、三塁: ラリー・ヤング(AL)、外審…左翼: ジェリー・デービス(NL)、右翼: ジム・エバンス(AL)
  3. 試合時間: 2時間44分 観客: 5万6340人 気温: 55°F(12.8°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・グリッソム 1 T・レインズ
2 M・レムキー 2 W・ボッグス
3 C・ジョーンズ 3 B・ウィリアムス
4 F・マグリフ 4 T・マルティネス
5 J・ロペス 5 DH C・フィルダー
6 J・ダイ 6 P・オニール
7 A・ジョーンズ 7 M・ダンカン
8 DH T・ペンドルトン 8 J・ジラルディ
9 J・ブラウザー 9 D・ジーター
先発投手 投球 先発投手 投球
G・マダックス J・キー

第3戦 10月22日

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回表二死満塁、デビッド・コーンの打球を三塁手チッパー・ジョーンズがダイビングキャッチし三塁封殺に(25秒)
5回表一死一塁、バーニー・ウィリアムスの飛球を右翼手アンドリュー・ジョーンズがフェンスにぶつかりながら捕球。飛び出した一塁走者ティム・レインズも戻れず併殺に(41秒)
9回裏、ジョン・ウェッテランドが代打テリー・ペンドルトンを二ゴロに打ち取り試合終了、ヤンキースが今シリーズ初勝利(1分14秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 1 0 0 1 0 0 0 3 0 5 8 1
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2 6 1
  1. : デビッド・コーン(1勝)  : トム・グラビン(1敗)  S: ジョン・ウェッテランド(1S)  
  2. :  NYY – バーニー・ウィリアムス1号2ラン
  3. 審判:球審…ティム・ウェルキー(AL)、塁審…一塁: スティーブ・リプリー(NL)、二塁: ラリー・ヤング(AL)、三塁: ジェリー・デービス(NL)、外審…左翼: ジム・エバンス(AL)、右翼: テリー・テイタ(NL)
  4. 試合時間: 3時間22分 観客: 5万1843人 気温: 70°F(21.1°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・レインズ 1 M・グリッソム
2 D・ジーター 2 M・レムキー
3 B・ウィリアムス 3 C・ジョーンズ
4 C・フィルダー 4 F・マグリフ
5 C・ヘイズ 5 R・クレスコ
6 D・ストロベリー 6 J・ロペス
7 M・ダンカン 7 A・ジョーンズ
8 J・ジラルディ 8 J・ブラウザー
9 D・コーン 9 T・グラビン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・コーン T・グラビン

第4戦 10月23日

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
8回表、ジム・レイリッツの3点本塁打でヤンキースが同点に追いつく(4分24秒)
8回裏、ブレーブス打線をマリアノ・リベラが封じる(1分35秒)
9回裏一死一・二塁、グレアム・ロイドがフレッド・マグリフを遊ゴロ併殺に打ち取り、サヨナラ負けの危機を脱する(46秒)
延長10回表二死満塁、代打ウェイド・ボッグスがフルカウントから四球を選び、押し出しでヤンキースが勝ち越し(3分8秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 0 0 3 0 3 0 2 8 12 0
アトランタ・ブレーブス 0 4 1 0 1 0 0 0 0 0 6 9 2
  1. : グレアム・ロイド(1勝)  : スティーブ・エイベリー(1敗)  S: ジョン・ウェッテランド(2S)  
  2. :  NYY – ジム・レイリッツ1号3ラン  ATL – フレッド・マグリフ2号ソロ
  3. 審判:球審…スティーブ・リプリー(NL)、塁審…一塁: ラリー・ヤング(AL)、二塁: ジェリー・デービス(NL)、三塁: ジム・エバンス(AL)、外審…左翼: テリー・テイタ(NL)、右翼: ティム・ウェルキー(AL)
  4. 試合時間: 4時間17分 観客: 5万1881人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・レインズ 1 M・グリッソム
2 D・ジーター 2 M・レムキー
3 B・ウィリアムス 3 C・ジョーンズ
4 C・フィルダー 4 F・マグリフ
5 C・ヘイズ 5 J・ロペス
6 D・ストロベリー 6 A・ジョーンズ
7 M・ダンカン 7 J・ダイ
8 J・ジラルディ 8 J・ブラウザー
9 K・ロジャース 9 D・ネーグル
先発投手 投球 先発投手 投球
K・ロジャース D・ネーグル

第5戦 10月24日

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ブレーブス先発投手ジョン・スモルツがヤンキース打線から8イニングで10三振を奪う(1分36秒)
ヤンキース先発投手アンディ・ペティットはブレーブス打線を8.1イニング無失点に封じる(57秒)
9回裏二死一・三塁、代打ルイス・ポロニアの飛球を右翼手ポール・オニールが背走しながら捕って試合終了、ヤンキースが優勝に王手(45秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 1
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  1. : アンディ・ペティット(1勝1敗)  : ジョン・スモルツ(1勝1敗)  S: ジョン・ウェッテランド(3S)  
  2. 審判:球審…ラリー・ヤング(AL)、塁審…一塁: ジェリー・デービス(NL)、二塁: ジム・エバンス(AL)、三塁: テリー・テイタ(NL)、外審…左翼: ティム・ウェルキー(AL)、右翼: スティーブ・リプリー(NL)
  3. 試合時間: 2時間54分 観客: 5万1881人 気温: 65°F(18.3°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ジーター 1 M・グリッソム
2 C・ヘイズ 2 M・レムキー
3 B・ウィリアムス 3 C・ジョーンズ
4 C・フィルダー 4 F・マグリフ
5 D・ストロベリー 5 J・ロペス
6 P・オニール 6 A・ジョーンズ
7 M・ダンカン 7 J・ダイ
8 J・レイリッツ 8 J・ブラウザー
9 A・ペティット 9 J・スモルツ
先発投手 投球 先発投手 投球
A・ペティット J・スモルツ

第6戦 10月26日

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
クリスティーナ・スクレロスによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(2分45秒)
初回表、先頭打者マーキス・グリッソムの飛球を左翼手ダリル・ストロベリーがスライディングキャッチ(33秒)
3回裏、ジョー・ジラルディの適時三塁打でヤンキースが1点を先制(1分5秒)
次打者デレク・ジーターも左前打でジラルディを還して追加点を挙げる(42秒)
5回表、ブレーブスの走者がアウトにされた判定をめぐり、監督のボビー・コックスが審判に抗議して退場処分に(3分27秒)
ヤンキース先発投手ジミー・キーは5.1イニングを1失点に抑える(2分19秒)
6回表一死三塁、デビッド・ウェザースがキーからマウンドを引き継ぎ、ハビー・ロペスを空振り三振に仕留める(36秒)
ヤンキースの4番手マリアノ・リベラが7回表から2イニングを無失点に封じる(1分21秒)
9回表、ジョン・ウェッテランドがマーク・レムキーを三邪飛に打ち取り試合終了、ヤンキースの優勝が決定(1分13秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 8 0
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 3 0 0 0 0 0 X 3 8 1
  1. : ジミー・キー(1勝1敗)  : グレッグ・マダックス(1勝1敗)  S: ジョン・ウェッテランド(4S)  
  2. 審判:球審…ジェリー・デービス(NL)、塁審…一塁: ジム・エバンス(AL)、二塁: テリー・テイタ(NL)、三塁: ティム・ウェルキー(AL)、外審…左翼: スティーブ・リプリー(NL)、右翼: ラリー・ヤング(AL)
  3. 試合時間: 2時間52分 観客: 5万6375人 気温: 57°F(13.9°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・グリッソム 1 D・ジーター
2 M・レムキー 2 W・ボッグス
3 C・ジョーンズ 3 B・ウィリアムス
4 F・マグリフ 4 DH C・フィルダー
5 J・ロペス 5 T・マルティネス
6 A・ジョーンズ 6 D・ストロベリー
7 J・ダイ 7 P・オニール
8 DH T・ペンドルトン 8 M・ダンカン
9 J・ブラウザー 9 J・ジラルディ
先発投手 投球 先発投手 投球
G・マダックス J・キー

脚注

注釈

  1. ^ もしマントルが存命であればこの日で65歳になっていたが、前年8月13日に亡くなっている。
  2. ^ リンドストロムは第4戦と第5戦の2試合連続で3安打以上を記録した。第4戦時点で年齢は18歳10か月16日(321日)である。

出典

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2020年2月1日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2020年2月1日閲覧。
  3. ^ Murray Chass, "WORLD SERIES PREVIEW: YANKEES VS. PADRES; For Yankees, 70's Flashback Fitting for 90's," The New York Times, October 16, 1998. 2020年2月1日閲覧。
  4. ^ Mark Bradley, The Atlanta Journal-Constitution, "Atlanta’s stadium farewells: Fun and flops," AJC.com, February 20, 2016. 2020年2月1日閲覧。
  5. ^ a b Paul Sullivan, Tribune Staff Writer, "BRAVES 12, YANKEES 1," Chicago Tribune, October 21, 1996. 2020年2月1日閲覧。
  6. ^ Wallace Matthews, ESPN Staff Writer, "Kid who eclipsed Mick a Yankee at last," ESPN.com, January 21, 2011. 2020年2月1日閲覧。
  7. ^ Sarah Langs, "How will Juan Soto enjoy his 21st (!) birthday?," MLB.com, October 25, 2019. 2020年2月1日閲覧。
  8. ^ Joel Sherman, "AND NOW GAME 7 – LIKE IT OUGHTA BE," New York Post, November 4, 2001. 2020年2月1日閲覧。

外部リンク

この項目は、メジャーリーグベースボール(MLB)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:野球 / Portal:野球)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1996年のワールドシリーズ
Listen to this article