浜田健一 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 浜田健一.

浜田健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この存命人物の記事には、出典が全くありません。 信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2013年7月)
濱田 健一
はまだ けんいち
生年月日 (1950-07-21) 1950年7月21日(69歳)
出生地 鹿児島県鹿児島市
出身校 鹿児島大学教育学部卒業
前職 小学校教師
所属政党日本社会党→)
社会民主党→)
民主党

選挙区旧鹿児島2区→)
比例九州ブロック鹿児島4区
当選回数 2回
在任期間 1993年 - 2000年
テンプレートを表示

濱田 健一(はまだ けんいち、1950年7月21日 - )は、日本政治家民主党所属の元衆議院議員(2期)。

来歴

鹿児島市出身。三育小学校鹿児島市立甲東中学校鹿児島県立鹿児島中央高等学校を経て、1969年4月に鹿児島大学教育学部入学[1]1974年3月に同学部を卒業後、小学校教師を経て1993年第40回衆議院議員総選挙旧鹿児島2区より村山喜一の後継者として日本社会党公認で出馬し、初当選[1]1996年第41回衆議院議員総選挙では鹿児島4区より社会民主党公認で出馬し、自由民主党公認の小里貞利に敗れるも比例九州ブロックで復活し再選。その間、社民党政策審議会長等を歴任。

2000年第42回衆議院議員総選挙2003年第43回衆議院議員総選挙では共に小里に敗れ、比例復活もならず落選。

2005年第44回衆議院議員総選挙に際して同期の横光克彦と共に社民党を離党し民主党公認で出馬。小里貞利の後継で自民党より出馬した小里泰弘に挑んだが、台風で選挙事務所が全壊するトラブルに見舞われるなど不運も重なり落選。次回総選挙においても民主党公認が内定していたが、病気のため2007年2月15日に党本部へ内定辞退を申し出て政界を引退した。

関連項目

脚注

  1. ^ a b 濱田健一さんの政界引退について、鹿児島県教職員組合
党職
先代:
秋葉忠利
社会民主党政策審議会長
第4代 : 1999年 - 2000年
次代:
辻元清美
この項目は、日本の政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:政治学/PJ政治)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
浜田健一
Listen to this article