1969年南アフリカグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1969年南アフリカグランプリ.

1969年南アフリカグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南アフリカ共和国 1969年南アフリカグランプリ
レース詳細
1969年F1世界選手権全11戦の第1戦
キャラミ (1967-1985)
日程 1969年3月1日
正式名称 Third AA Grand Prix of South Africa
開催地 キャラミ
南アフリカ共和国 トランスヴァール州英語版 ミッドラント英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 4.104 km (2.550 mi)
レース距離 80周 328.320 km (204.009 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ブラバム-フォード
タイム 1:20.0
ファステストラップ
ドライバー イギリス ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード
タイム 1:21.6 (50周目)
決勝順位
優勝 マトラ-フォード
2位 ロータス-フォード
3位 マクラーレン-フォード

1969年南アフリカグランプリ (1969 South African Grand Prix, 正式名称: Third AA Grand Prix of South Africa, アフリカーンス語: Derde AA Suid-Afrikaanse Grand Prix[1]) は、1969年のF1世界選手権の開幕戦として、1969年3月1日キャラミで開催された。

レースは80周で行われ、マトラジャッキー・スチュワートが4番手スタートから優勝した。ロータスグラハム・ヒルが2位、マクラーレンデニス・ハルムが3位となった。

エントリー

主要チーム

1969年シーズンはこれまで通り南アフリカGPで開幕したが、前年までの1月から3月に変更された[2]。開幕までの数週間までに、各チームのエントリーが発表された。フェラーリを除く全チームは2台をエントリーすると予想されていた。フェラーリ創業者のエンツォ・フェラーリは1台のみエントリーすることを発表した。当初、フェラーリは説明もなく2台エントリーを行うとしていたので、ほとんどの人が驚いた。しかし、これは後に変更され、最終的にクリス・エイモンのみ参加した。ブラバムBRMマトラ・インターナショナルマクラーレンは2台、ロータスは3台をエントリーした[3]

この年の開幕当初、フェラーリはF1のみならずF2スポーツカーCan-Amヒルクライムといったあらゆるレースに参戦し、その費用が年々高騰していったため深刻な財政難に陥っていた。ジャッキー・イクスがブラバムへ去ったため、ドライバーは残留したエイモンのみとなり、開発責任者のマウロ・フォルギエリは、四輪駆動F1マシン[注 1]や新型水平対向12気筒(厳密には180度V型12気筒)エンジンを搭載する新車312Bの開発に集中するため、一時的にその職を解かれた[4]。この年使用する312はノーズを平たくし、エンジンの排気管を外側に戻して印象は変わったが[5]、基本的には前年仕様のままであった[6]。ロータスは前年度王者のグラハム・ヒルが残留し、ヨッヘン・リントがブラバムから移籍した。彼らに加え、前年にF1デビューを果たしたマリオ・アンドレッティがアメリカでのスケジュールが許す範囲でスポット参戦を行う。マクラーレンはエースのデニス・ハルムとオーナーのブルース・マクラーレンのニュージーランドコンビを継続した[7]マトラワークスのマトラ・スポールがスポーツカーレースに専念したため、ケン・ティレル率いるセミワークスのマトラ・インターナショナルのみが参加し、ジャッキー・スチュワートに加え、ワークスからジャン=ピエール・ベルトワーズが移籍してきた。BRMはホンダからジョン・サーティース、ロータスからジャッキー・オリバーが移籍してラインナップを一新した[5]。前年はレプコエンジンの信頼性不足に泣かされ低迷したブラバムは、エンジンをフォード・コスワース・DFVに変更し、マシンも前年のBT26英語版に小改変を加えたBT26Aを投入した。ドライバーはオーナーのジャック・ブラバムに加え、フェラーリからイクスを迎えた[8]。ホンダ、クーパーイーグルが前年をもってF1から撤退した一方、この年新たに参入するワークスチームはなかった[9]

プライベートチーム

ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチームは前年同様、ジョー・シフェールロータス・49Bを走らせる[7]。前年BRMのエースであったペドロ・ロドリゲスは、レグ・パーネル・レーシング英語版に移籍してBRM・P126を走らせる[5]。この他、地元南アフリカ共和国と隣国のローデシアから参戦したプライベートチーム及びドライバーについては、下記のエントリーリストを参照されたい。なお、サム・ティングルバシル・ヴァン・ルーヤン英語版は最後のF1出走となった。

エントリーリスト

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
ゴールドリーフ・チーム・ロータス
1
グラハム・ヒル
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
2
ヨッヘン・リント
3
マリオ・アンドレッティ
ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム
4
ジョー・シフェール
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ブルース・マクラーレン・モーターレーシング
5
デニス・ハルム
マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
6
ブルース・マクラーレン
マトラ・インターナショナル
7
ジャッキー・スチュワート
マトラ MS10 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
20 MS80 1
8
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
MS10
スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
9
クリス・エイモン
フェラーリ 312/69 フェラーリ 255C 3.0L V12 F
オーウェン・レーシング・オーガニゼーション
10
ジョン・サーティース
BRM P138 BRM P142 3.0L V12 D
21 P138 1
11
ジャッキー・オリバー
P133
レグ・パーネル・レーシング
12
ペドロ・ロドリゲス
BRM P126 BRM P142 3.0L V12 G
モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド
14
ジャック・ブラバム
ブラバム BT26A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
15
ジャッキー・イクス
[注 2] チーム・ガンストン
16
[注 2] ジョン・ラブ
ロータス 49 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
17
[注 2] サム・ティングル
ブラバム BT24 レプコ 620 3.0L V8 F
チーム・ローソン
18
バシル・ヴァン・ルーヤン
マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
ジャック・ホルム
19
ピーター・デ・クラーク
ブラバム BT20 レプコ 620 3.0L V8 D
ソース:[10]
追記

予選

新しいDFVエンジンに大喜びしたジャック・ブラバムポールポジションを獲得し、ヨッヘン・リントロータス)とデニス・ハルムマクラーレン)とともにフロントローを分け合った[注 3]。2列目にはジャッキー・スチュワートマトラ)とクリス・エイモンフェラーリ)が並び、マリオ・アンドレッティ(ロータス)、グラハム・ヒル(同)、ブルース・マクラーレン(マクラーレン)が3列目に並んだ。南アフリカ及びローデシア出身のローカルドライバーで最速だったのはマクラーレン・M7Aを駆るバシル・ヴァン・ルーヤン英語版の9番手で、ロータス・49を駆るジョン・ラブが彼に続く10番手で4列目を分け合った[2]

予選結果

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 14
ジャック・ブラバム
ブラバム-フォード 1:20.0 - 1
2 2
ヨッヘン・リント
ロータス-フォード 1:20.2 +0.2 2
3 5
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 1:20.3 +0.3 3
4 7
ジャッキー・スチュワート
マトラ-フォード 1:20.4 +0.4 4
5 9
クリス・エイモン
フェラーリ 1:20.5 +0.5 5
6 3
マリオ・アンドレッティ
ロータス-フォード 1:20.8 +0.8 6
7 1
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 1:21.1 +1.1 7
8 6
ブルース・マクラーレン
マクラーレン-フォード 1:21.1 +1.1 8
9 18
バシル・ヴァン・ルーヤン
マクラーレン-フォード 1:21.8 +1.8 9
10 16
[注 2] ジョン・ラブ
ロータス-フォード 1:22.1 +2.1 10
11 8
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ-フォード 1:22.2 +2.2 11
12 4
ジョー・シフェール
ロータス-フォード 1:22.2 +2.2 12
13 15
ジャッキー・イクス
ブラバム-フォード 1:23.1 +3.1 13
14 11
ジャッキー・オリバー
BRM 1:24.1 +4.1 14
15 12
ペドロ・ロドリゲス
BRM 1:25.2 +5.2 15
16 19
ピーター・デ・クラーク
ブラバム-レプコ 1:27.2 +7.2 16
17 17
[注 2] サム・ティングル
ブラバム-レプコ 1:50.4 +30.4 17
EX 10
ジョン・サーティース
BRM No Time 1 - 18 1
ソース:[12][13]
追記
  • ^1 - サーティースは1:21.8を記録したが、決勝はマシンを変更したためタイムは無効となり、最後尾グリッドからスタートする[14]

決勝

優勝したジャッキー・スチュワートがドライブするマトラ・MS10には、前後に巨大なウィングが取り付けられていた。
優勝したジャッキー・スチュワートがドライブするマトラ・MS10には、前後に巨大なウィングが取り付けられていた。

レースがスタートすると、ジャック・ブラバムジャッキー・スチュワートとともに先頭に立ち、ヨッヘン・リントグラハム・ヒルデニス・ハルムブルース・マクラーレンが続いた。1周目の終わりにスチュワートがリードを奪い、以後首位を独走していく。ブラバムは7周目にリアウィングが破損し、ピットインを余儀なくされるまで2位にとどまった。これでリントが2位となったが、すぐにヒルに追い越された。リントはハルムに遅れを取り、ハルムもジョー・シフェールマリオ・アンドレッティに抜かれたが、アンドレッティは32周目にトランスミッションのトラブルでリタイアした。ハルムはその後、シフェールを抜き返して3位に浮上した。レース後半はスチュワート、ヒル、ハルム、シフェール、マクラーレンの上位5台は順位が変わらないまま、スチュワートはヒルに18秒の差を付けて優勝した[2]

レース結果

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 7
ジャッキー・スチュワート
マトラ-フォード 80 1:50:39.1 4 9
2 1
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 80 +18.8 7 6
3 5
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 80 +31.8 3 4
4 4
ジョー・シフェール
ロータス-フォード 80 +49.2 12 3
5 6
ブルース・マクラーレン
マクラーレン-フォード 79 +1 Lap 8 2
6 8
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ-フォード 78 +2 Laps 11 1
7 11
ジャッキー・オリバー
BRM 77 +3 Laps 14
8 17
[注 2] サム・ティングル
ブラバム-レプコ 73 +7 Laps 17
NC 19
ピーター・デ・クラーク
ブラバム-レプコ 67 規定周回数不足 16
Ret 2
ヨッヘン・リント
ロータス-フォード 44 燃料ポンプ 2
Ret 10
ジョン・サーティース
BRM 40 エンジン 18
Ret 12
ペドロ・ロドリゲス
BRM 38 水漏れ 15
Ret 9
クリス・エイモン
フェラーリ 34 エンジン 5
Ret 14
ジャック・ブラバム
ブラバム-フォード 32 ハンドリング 1
Ret 3
マリオ・アンドレッティ
ロータス-フォード 31 ギアボックス 6
Ret 16
[注 2] ジョン・ラブ
ロータス-フォード 31 イグニッション 10
Ret 15
ジャッキー・イクス
ブラバム-フォード 20 イグニッション 13
Ret 18
バシル・ヴァン・ルーヤン
マクラーレン-フォード 12 ブレーキ 9
ソース:[15]
ファステストラップ[16]
ラップリーダー[17]

第1戦終了時点のランキング

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ この年、ロータス、マトラ、マクラーレン、そしてコスワースも四輪駆動F1マシンの開発を行い、コスワース以外はレース出走までこぎ着けたが、フェラーリの四輪駆動F1マシンは製造に至らなかった。
  2. ^ a b c d e f g 11月10日までこの国旗が使用された。(ジンバブエの国旗(英語版 en:Flag of Zimbabwe)より)
  3. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

出典

  1. ^ Motor Racing Programme Covers: 1969”. The Programme Covers Project. 2017年7月7日閲覧。
  2. ^ a b c South African GP, 1969”. grandprix.com. 2019年10月20日閲覧。
  3. ^ Hilton, Christopher (November 2006). Michael Schumacher: The Whole Story. Haynes Publishing. p. 15. ISBN 1-84425-008-3. 
  4. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 245-246)
  5. ^ a b c (林信次 1995, p. 91)
  6. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 246)
  7. ^ a b (林信次 1995, p. 90)
  8. ^ (林信次 1995, p. 92)
  9. ^ (林信次 1995, p. 79)
  10. ^ South Africa 1969 - Race entrants”. STATS F1. 2019年10月20日閲覧。
  11. ^ South Africa 1969 - Result”. STATS F1. 2019年10月20日閲覧。
  12. ^ South Africa 1969 - Qualifications”. STATS F1. 2019年10月20日閲覧。
  13. ^ South Africa 1969 - Starting grid”. STATS F1. 2019年10月20日閲覧。
  14. ^ (林信次 1995, p. 127)
  15. ^ 1969 South African Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  16. ^ South Africa 1969 - Best laps”. STATS F1. 2019年10月20日閲覧。
  17. ^ South Africa 1969 - Laps led”. STATS F1. 2019年10月20日閲覧。
  18. ^ a b South Africa 1969 - Championship”. STATS F1. 2019年3月20日閲覧。

参照文献

外部リンク

FIA F1世界選手権
1969年シーズン
次戦
1969年スペイングランプリ
前回開催
1968年南アフリカグランプリ
南アフリカグランプリ
次回開催
1970年南アフリカグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1969年南アフリカグランプリ
Listen to this article