吉田沙保里

日本の女性レスリング指導者、元選手 (1982-) / ウィキペディア フリーな 百科事典

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年昭和57年〉10月5日 - )は、日本レスリング指導者日本の元レスリング選手、スポーツ科学者学位健康スポーツ科学学士中京女子大学2005年)、健康スポーツ科学名誉修士中京女子大学大学院2008年)。元中京女子大学(現 至学館大学)副学長[2][3]

Quick facts: 個人情報, 生誕名, 国籍, 生誕, 身長...
吉田 沙保里
北京オリンピック 55kg級 優勝後(下はコーチの栄和人
個人情報
生誕名吉田 沙保里
国籍 日本
生誕 (1982-10-05) 1982年10月5日(39歳)
三重県津市
身長157 cm (5 ft 2 in)[1]
家族吉田栄勝(父)
スポーツ
競技レスリング
獲得メダル
日本
女子 レスリング・フリースタイル
オリンピック
2004 アテネ55kg級
2008 北京55kg級
2012 ロンドン55kg級
2016 リオデジャネイロ53kg級
レスリング世界選手権
2002 ハルキス55kg級
2003 ニューヨーク55kg級
2005 ブダペスト55kg級
2006 広州55kg級
2007 バクー55kg級
2008 東京55kg級
2009 ヘルニング55kg級
2010 モスクワ55kg級
2011 イスタンブール55kg級
2012 ストラスコナカントリー55kg級
2013 ブダペスト55kg級
2014 タシュケント53kg級
2015 ラスベガス53kg級
アジア大会
2002 プサン55kg級
2006 ドーハ55kg級
2010 広州55kg級
2014 仁川55kg級
レスリングアジア選手権
2004 東京55kg級
2005 武漢55kg級
2006 アルマトイ55kg級
2007 ビシュケク55kg級
2008 済州55kg級
ユニバーシアード
2005 イズミル55kg級
Close

女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ[4][5]2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(2004年、2008年、2012年)[6]。父親はレスリング選手・指導者の吉田栄勝。血液型はO型[7]

2016年リオデジャネイロオリンピックでは日本選手団主将を務めた[5]。また、2016年9月には現役を続行しつつレスリング女子日本代表コーチに就任した[8]