1969年イギリスグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1969年イギリスグランプリ.

1969年イギリスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イギリス 1969年イギリスグランプリ
レース詳細
1969年F1世界選手権全11戦の第6戦
シルバーストン・サーキット (1952-1974)
日程 1969年7月19日
正式名称 XXII RAC British Grand Prix
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリス
イングランドノーサンプトンシャー州 シルバーストン
コース 恒久的レース施設
コース長 4.711 km (2.927 mi)
レース距離 84周 395.724 km (245.891 mi)
決勝日天候 曇(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:20.8
ファステストラップ
ドライバー イギリス ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード
タイム 1:21.3 (57周目)
決勝順位
優勝 マトラ-フォード
2位 ブラバム-フォード
3位 マクラーレン-フォード

1969年イギリスグランプリ (1969 British Grand Prix) は、1969年のF1世界選手権第6戦として、1969年7月19日シルバーストン・サーキットで開催された。

エントリー

四輪駆動F1マシンが一挙に4台登場した。ロータスは2台の63グラハム・ヒルジョン・マイルス英語版が、マトラMS84ジャン=ピエール・ベルトワーズが、マクラーレンM9Aデレック・ベルがそれぞれドライブする[1]。これとは別に、フォード・コスワース・DFVエンジンを製造するエンジンビルダーのコスワースが四輪駆動車を制作した。エンジンは当然DFVだが、軽量マグネシウムブロックの特別仕様となっていた[2]。当初はテストを担当していたブライアン・レッドマン[2]を走らせる予定であったが、ポルシェとの契約により参加できなくなったため、トレバー・テイラー英語版をエントリーしたものの、結局参加を見合わせた[3]

上層部の社内抗争により前戦フランスGPを欠場したBRMは、レグ・パーネル・レーシング英語版ティム・パーネル英語版が同チームを解散してチームマネージャーに就任し、活動を再開した。レグ・パーネルの解散に伴ってフリーとなったペドロ・ロドリゲスフェラーリに移籍した。オランダGPで初登場したP139は改良され、ジョン・サーティースがドライブする。ブラバムは、オーナーのジャック・ブラバムが足首の骨折からの回復途上だったため、ダン・ガーニーを代走に起用する考えであったが、ガーニーがアメリカのレースを優先したため、本レースもジャッキー・イクス1台のみの参加となった。ヨアキム・ボニエは自身のチームからロータス・49Bで活動を再開した[1]

エントリーリスト

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
ゴールドリーフ・チーム・ロータス
1
グラハム・ヒル
ロータス 63
49B 1
フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
2
ヨッヘン・リント
49B
9
ジョン・マイルス
63
マトラ・インターナショナル
3
ジャッキー・スチュワート
マトラ MS80 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
4
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
MS80
MS84 2
ブルース・マクラーレン・モーターレーシング
5
デニス・ハルム
マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
6
ブルース・マクラーレン
M7C
20
デレック・ベル
M9A
モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド
7
ジャッキー・イクス
ブラバム BT26A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
8
ダン・ガーニー 3
BT26
ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム
10
ジョー・シフェール
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
11
クリス・エイモン
フェラーリ 312/69 フェラーリ 255C 3.0L V12 F
12
ペドロ・ロドリゲス
312/68
オーウェン・レーシング・オーガニゼーション
14
ジョン・サーティース
BRM P139 BRM P142 3.0L V12 D
15
ジャッキー・オリバー
P133
フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ
16
ピアス・カレッジ
ブラバム BT26A フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
マイク・コスティン
17
トレバー・テイラー 4
コスワース 1 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
エキュリー・ボニエ
18
ヨアキム・ボニエ
ロータス 49B
63 1
フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
アンティーク・オートモビルズ
19
ビック・エルフォード
マクラーレン M7B[4] フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
ソース:[5]
追記
  • ^1 - ヒルはロータス・63、ボニエはロータス・49Bでエントリーしたが、予選以降マシンを交換した[1]
  • ^2 - ベルトワーズはマトラ・MS80でエントリーしたが、スチュワートが予選でのクラッシュでMS80を大破させたため、ベルトワーズのMS80をスチュワートに差し出し、ベルトワーズはマトラ・MS84を使用した[1]
  • ^3 - ガーニーは他のレースに出場したため欠場[6]
  • ^4 - テイラーはエントリーのみ[6][3]

予選

ジャッキー・スチュワートは前戦フランスGPまでの5戦のうち4勝を挙げており、本レースも優勝の本命と見られたが、土曜日にウッドコートコーナーでクラッシュし、彼のマトラ・MS80が大破した。このため、スチュワートはチームメイトのジャン=ピエール・ベルトワーズが使用していたMS80に乗り換え、ベルトワーズは四輪駆動車マトラ・MS84を使用することになった。その結果、ヨッヘン・リントポールポジションを獲得し、2番手のスチュワート、3番手のデニス・ハルムとともにフロントローを形成した[注 1]。2列目はジャッキー・イクスクリス・エイモン、3列目はジョン・サーティースブルース・マクラーレンペドロ・ロドリゲスが占めた。前年度王者のグラハム・ヒルはマシントラブルが相次いで12番手に終わり、ロータスは彼のために使用できる49Bがなくなってしまった。結局、ヒルは四輪駆動車の63ではなく、プライベーターのヨアキム・ボニエが使用していた49Bに乗り換え、ボニエが63をドライブすることになった[1]

予選結果

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 2
ヨッヘン・リント
ロータス-フォード 1:20.8 - 1
2 3
ジャッキー・スチュワート
マトラ-フォード 1:21.2 1 +0.4 2
3 5
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 1:21.5 +0.7 3
4 7
ジャッキー・イクス
ブラバム-フォード 1:21.6 +0.8 4
5 11
クリス・エイモン
フェラーリ 1:21.9 +1.1 5
6 14
ジョン・サーティース
BRM 1:22.2 +1.4 6
7 6
ブルース・マクラーレン
マクラーレン-フォード 1:22.6 +1.8 7
8 12
ペドロ・ロドリゲス
フェラーリ 1:22.6 +1.8 8
9 10
ジョー・シフェール
ロータス-フォード 1:22.7 +1.9 9
10 16
ピアス・カレッジ
ブラバム-フォード 1:22.9 +2.1 10
11 19
ビック・エルフォード
マクラーレン-フォード 1:23.3 +2.5 11
12 1
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 1:23.6 +2.8 12
13 15
ジャッキー・オリバー
BRM 1:23.7 +2.9 13
14 9
ジョン・マイルス
ロータス-フォード 1:25.1 +4.3 14
15 20
デレック・ベル
マクラーレン-フォード 1:26.1 +5.3 15
16 18
ヨアキム・ボニエ
ロータス-フォード 1:28.2 +7.4 16
17 4
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ-フォード 1:31.2 2 +10.4 17
ソース:[7][8]
追記
  • ^1 - スチュワートは1:20.6を記録したが、別のマトラ・MS80に交換したためタイムが無効となった[9]
  • ^2 - ベルトワーズはマトラ・MS80で1:22.1を記録したが、マトラ・MS84に交換したためタイムが無効となった[9]

決勝

ウィリアムズからブラバム・BT26Aを走らせたピアス・カレッジは5位に入賞した。
ウィリアムズからブラバム・BT26Aを走らせたピアス・カレッジは5位に入賞した。

ジャッキー・スチュワートヨッヘン・リントの一騎打ちのバトルが、シルバーストンの観客を熱狂させた。84周で行われたレースの62周目まで両者のスリップストリームの攻防が続いたが、リントのリアウィングのエンドプレートが緩んでピットインを余儀なくされて30秒を失い、さらにレース終盤にはガス欠に見舞われて再びピットインしなければならず、4位まで後退した。結局、スチュワートが5勝目を挙げ[1][10][11]ジャッキー・イクスが2位、ブルース・マクラーレンが3位となった[1]フェラーリに加わったペドロ・ロドリゲスはエンジントラブルでリタイアし[12]、同じくリタイアに終わったチームメイトのクリス・エイモンは、ホームグランプリのイタリアGPから投入する予定であった水平対向12気筒エンジン搭載の新車312Bのテスト走行にいそしんだ。エンジンパワーは従来のV12を上回るとされていたが、立て続けにマシントラブルを起こしたことに嫌気が差したエイモンはついにチームを離脱することになった。フェラーリは次戦ドイツGPを欠場して312Bのテストを行ったことから、エイモンにとって本レースがフェラーリで走った最後のレースとなった[13][14][注 2]

レース結果

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 3
ジャッキー・スチュワート
マトラ-フォード 84 1:55:55.6 2 9
2 7
ジャッキー・イクス
ブラバム-フォード 83 +1 Lap 4 6
3 6
ブルース・マクラーレン
マクラーレン-フォード 83 +1 Lap 7 4
4 2
ヨッヘン・リント
ロータス-フォード 83 +1 Lap 1 3
5 16
ピアス・カレッジ
ブラバム-フォード 83 +1 Lap 10 2
6 19
ビック・エルフォード
マクラーレン-フォード 82 +2 Laps 11 1
7 1
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 82 +2 Laps 12
8 10
ジョー・シフェール
ロータス-フォード 81 +3 Laps 9
9 4
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ-フォード 78 +6 Laps 17
10 9
ジョン・マイルス
ロータス-フォード 75 +9 Laps 14
Ret 12
ペドロ・ロドリゲス
フェラーリ 61 エンジン 8
Ret 11
クリス・エイモン
フェラーリ 45 ギアボックス 5
Ret 5
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 27 イグニッション 3
Ret 15
ジャッキー・オリバー
BRM 19 トランスミッション 13
Ret 18
ヨアキム・ボニエ
ロータス-フォード 6 エンジン 16
Ret 20
デレック・ベル
マクラーレン-フォード 5 サスペンション 15
Ret 14
ジョン・サーティース
BRM 1 サスペンション 6
ソース:[15]
ファステストラップ[16]
ラップリーダー[17]
太字は最多ラップリーダー

第6戦終了時点のランキング

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。
  2. ^ 312Bはマシントラブルの頻発によりイタリアGPからの投入を諦め、デビューは翌1970年に持ち越された。

出典

  1. ^ a b c d e f g British GP, 1969”. grandprix.com. 2019年11月20日閲覧。
  2. ^ a b (林信次 1995, p. 93)
  3. ^ a b 1969 British Grand Prix”. Motor Sport Magazine. 2019年11月20日閲覧。
  4. ^ (林信次 1995, p. 90)
  5. ^ Britain 1969 - Race entrants”. STATS F1. 2019年11月19日閲覧。
  6. ^ a b Britain 1969 - Result”. STATS F1. 2019年11月15日閲覧。
  7. ^ Britain 1969 - Qualifications”. STATS F1. 2019年11月19日閲覧。
  8. ^ Britain 1969 - Starting grid”. STATS F1. 2019年11月19日閲覧。
  9. ^ a b (林信次 1995, p. 128)
  10. ^ (林信次 1995, p. 83)
  11. ^ Hamilton, Maurice (2014年7月2日). “1969: The greatest British Grand Prix?”. ESPN. 2015年7月5日閲覧。
  12. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 247)
  13. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 247-249)
  14. ^ (林信次 1995, p. 84)
  15. ^ 1969 British Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  16. ^ Britain 1969 - Best laps”. STATS F1. 2019年11月19日閲覧。
  17. ^ Britain 1969 - Laps led”. STATS F1. 2019年11月19日閲覧。
  18. ^ a b Britain 1969 - Championship”. STATS F1. 2019年3月13日閲覧。

参照文献

  • Wikipedia英語版 - en:1969 British Grand Prix(2019年3月13日 22:44:02(UTC))
  • Lang, Mike (1982). Grand Prix! Vol 2. Haynes Publishing Group. pp. 98–99. ISBN 0-85429-321-3. 
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、1969年イギリスグランプリに関連するカテゴリがあります。
前戦
1969年フランスグランプリ
FIA F1世界選手権
1969年シーズン
次戦
1969年ドイツグランプリ
前回開催
1968年イギリスグランプリ
イギリスグランプリ
次回開催
1970年イギリスグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1969年イギリスグランプリ
Listen to this article