1970年ベルギーグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1970年ベルギーグランプリ.

1970年ベルギーグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベルギー 1970年ベルギーグランプリ
レース詳細
1970年F1世界選手権全13戦の第4戦
日程 1970年6月7日
正式名称 XXIX Grand Prix de Belgique
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギー スパ
コース 公道コース
コース長 14.100 km (8.761 mi)
レース距離 28周 394.800 km (245.317 mi)
決勝日天候 曇(ドライ)[1]
ポールポジション
ドライバー マーチ-フォード
タイム 3:28.0
ファステストラップ
ドライバー ニュージーランド クリス・エイモン マーチ-フォード
タイム 3:27.4 (27[2]周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 マーチ-フォード
3位 マトラ

1970年ベルギーグランプリ (1970 Belgian Grand Prix) は、1970年のF1世界選手権第4戦として、1970年6月7日スパ・フランコルシャンで開催された。

ペドロ・ロドリゲス1967年南アフリカグランプリ以来3年ぶりとなるF1通算2勝目を挙げ[3]BRM1966年モナコグランプリジャッキー・スチュワート以来4年ぶりの優勝をもたらした[4]

本レースは、スパの14.1kmコースで開催された最後のF1レースであった[5]。また、ダンロップタイヤにとってF1最後の勝利となった[6]

背景

前年はコースの安全性を理由にGPDAからボイコットされた[7]。安全性向上のため、バリアの設置やマルメディにシケインを設ける改修を行い[8]、2年ぶりにベルギーGPが開催されることになった[9]

エントリー

本レースを前にマクラーレン勢が相次いで大事故に見舞われた。前戦モナコGPを終えた直後の5月12日デニス・ハルムインディ500英語版の練習走行中に燃料が噴き出して大炎上[注 1]し、ハルムは両手と両足、そして左腕を火傷する重症を負った[10]。さらに本レースの開催を目前に控えた6月2日、オーナーのブルース・マクラーレングッドウッド・サーキットCan-AmカーのM8D英語版をテスト走行中に事故死してしまう[11]。このため、マクラーレンは本レースを欠場し、マクラーレン・M7Cを使用するジョン・サーティースも欠場することになった[12]

ジョニー・セルボ=ギャバンが冬のオフロードカーのイベントで目を負傷したことによる視力の低下を理由に前戦モナコGPをもって引退したため、ティレルジャッキー・スチュワートのみの参加となった。ロータスは新しい72と古い49を持ち込んだ[9]フェラーリジャッキー・イクスに加え、この年フェラーリでスポーツカー512Sを走らせていたイグナツィオ・ギュンティが2台目の312Bを走らせる[13][14]。イギリスのカーコレクターであるトム・ウィートクロフト英語版[注 2]がチームを立ち上げ、デレック・ベルブラバム・BT26A英語版を走らせる[15]

エントリーリスト

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
ヤードレー・チーム・BRM
1
ペドロ・ロドリゲス
BRM P153 BRM P142 3.0L V12 D
2
ジャッキー・オリバー
3
ジョージ・イートン 1
ブルース・マクラーレン・モーターレーシング
4
ブルース・マクラーレン 2
マクラーレン M14A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
5
ピーター・ゲシン 2
6
アンドレア・デ・アダミッチ 2
M7D アルファロメオ T33 3.0L V8
フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ
7
ピアス・カレッジ
デ・トマソ 505 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
トム・ウィートクロフト・レーシング
8
デレック・ベル
ブラバム BT26A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
マーチ・エンジニアリング
9
ジョー・シフェール
マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
10
クリス・エイモン
ティレル・レーシング・オーガニゼーション
11
ジャッキー・スチュワート
マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
アンティーク・オートモビルズ・レーシングチーム
14
ロニー・ピーターソン
マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
STPコーポレーション
15
マリオ・アンドレッティ 3
マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
シルビオ・モーザー・レーシングチーム
16
シルビオ・モーザー 4
ベラシ F1 70 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
チーム・サーティース
17
ジョン・サーティース 2
マクラーレン M7C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド
18
ジャック・ブラバム
ブラバム BT33 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
アウト・モトール・ウント・シュポルト
19
ロルフ・シュトメレン
ゴールドリーフ・チーム・ロータス
20
ヨッヘン・リント
ロータス 49C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
21
ジョン・マイルス
72B
ワールドワイド・レーシング
22
アレックス・ソラー=ロイグ
72
ブルックボンド・オクソ・レーシング/ロブ・ウォーカー
23
グラハム・ヒル
ロータス 49C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ピート・ラブリー・フォルクスワーゲン・インク
24
ピート・ラブリー 3
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
エキップ・マトラ・エルフ
25
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ MS120 マトラ MS12 3.0L V12 G
26
アンリ・ペスカロロ
スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
27
ジャッキー・イクス
フェラーリ 312B フェラーリ 001 3.0L F12 F
28
イグナツィオ・ギュンティ
ソース:[16]
追記
  • ^1 - イートンは病気のため欠場[17]
  • ^2 - マクラーレン勢とサーティースはブルース・マクラーレンの事故死のため欠場[17][12]
  • ^3 - エントリーのみ[17]
  • ^4 - マシンが準備できず[17]

予選

ジャッキー・スチュワートポールポジションを獲得し、ヨッヘン・リントクリス・エイモンとともにフロントローに並んだ[注 3]ジャッキー・イクスジャック・ブラバムが2列目、ペドロ・ロドリゲスロルフ・シュトメレンイグナツィオ・ギュンティが3列目を占めた[9]

予選結果

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 11
ジャッキー・スチュワート
マーチ-フォード 3:28.0 - 1
2 20
ヨッヘン・リント
ロータス-フォード 3:30.1 +2.1 2
3 10
クリス・エイモン
マーチ-フォード 3:30.3 +2.3 3
4 27
ジャッキー・イクス
フェラーリ 3:30.7 +2.7 4
5 18
ジャック・ブラバム
ブラバム-フォード 3:31.5 +3.5 5
6 1
ペドロ・ロドリゲス
BRM 3:31.6 +3.6 6
7 19
ロルフ・シュトメレン
ブラバム-フォード 3:32.0 +4.0 7
8 28
イグナツィオ・ギュンティ
フェラーリ 3:32.4 +4.4 8
9 14
ロニー・ピーターソン
マーチ-フォード 3:32.8 +4.8 9
10 9
ジョー・シフェール
マーチ-フォード 3:32.9 +4.9 10
11 25
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ 3:32.9 +4.9 11
12 7
ピアス・カレッジ
デ・トマソ-フォード 3:33.0 +5.0 12
13 21
ジョン・マイルス
ロータス-フォード 3:33.8 +5.8 13
14 2
ジャッキー・オリバー
BRM 3:34.2 +6.2 14
15 8
デレック・ベル
ブラバム-フォード 3:36.2 +8.2 15
16 23
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 3:37.0 +9.0 16
17 26
アンリ・ペスカロロ
マトラ 3:37.1 +9.1 17
18 22
アレックス・ソラー=ロイグ
ロータス-フォード 3:52.7 +24.7 DNQ 1
ソース:[18][19]
追記
  • ^1 - ソラー=ロイグは規定周回数(5周)を走行できなかったため予選落ち[20]

決勝

ヨッヘン・リントはスタートでリードを奪ったが、1周目が終わるまでにクリス・エイモンジャッキー・スチュワートに抜かれた。2周目にスチュワートが首位に立ったが、エイモンは3周目に首位を奪い返した。その間にペドロ・ロドリゲスがリントを抜いて3位、4周目にスチュワートを抜いて2位、5周目にエイモンを抜いて首位に浮上した。しばらくの間、ロドリゲスとエイモンは首位を争ったが、その後ロドリゲスはエイモンを引き離していく。その後方でスチュワートはジャック・ブラバムの追撃を受けていたが、ブラバムは次の周でペダルに油っぽいぼろきれが絡まっていたのを見つけたため、それをマルメディで除去すると再びリントとスチュワートを追走しだした。リントとスチュワートがリタイアし、ブラバムもクラッチの故障に苦しみだすと、ジャン=ピエール・ベルトワーズが3位に浮上した。チームメイトのアンリ・ペスカロロはベルトワーズに続く4位を走行したが[9]、残り1周で燃料タンクが壊れて燃料切れとなり、緊急ピットインで燃料を補給したものの再スタートすることができなかった[15]。ペスカロロに代わって4位となったのはフェラーリの新人イグナツィオ・ギュンティで、F1デビュー戦から初入賞を果たした。チームメイトのイクスはコクピットに燃料が漏れてレーシングスーツまで染み渡ってしまったため、新しいレーシングスーツに着替えるためにピットインしなければならなかった。体に付着した燃料がスペインGPでの火災で負った火傷の痕をひどく刺激したが、8位で完走した[21]。レースはロドリゲスが制し、しばし低迷していたBRMの復活を強く印象づけた[22]。平均速度は241.308 km/h (149.942 mph)で、2年前のベルギーGPで優勝したブルース・マクラーレンが記録したF1史上最高速度記録(236.797 km/h (147.139 mph))を2年ぶりに塗り替えた[23]。2位のエイモンはファステストラップを記録したが、ロドリゲスに追いつくことはできなかった[15]ロルフ・シュトメレンは5位に入賞し、F1デビュー4戦目で初ポイントを獲得した[24]

改修が行われたものの、スパが依然危険なサーキットであることには変わりはなく、14kmのレイアウトでF1が開催されるのはこの年が最後となった[注 4]。安全性を高めるために距離を短縮した新しいレイアウトに変更されたスパに戻るのは13年後の1983年となる[8]

レース結果

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 1
ペドロ・ロドリゲス
BRM 28 1:38:09.9 6 9
2 10
クリス・エイモン
マーチ-フォード 28 +1.1 3 6
3 25
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ 28 +1:43.7 11 4
4 28
イグナツィオ・ギュンティ
フェラーリ 28 +2:38.5 8 3
5 19
ロルフ・シュトメレン
ブラバム-フォード 28 +3:31.8 7 2
6 26
アンリ・ペスカロロ
マトラ 27 燃料切れ[1] 17 1
7 9
ジョー・シフェール
マーチ-フォード 26 燃料ポンプ[1] 10
8 27
ジャッキー・イクス
フェラーリ 26 +2 Laps 4
NC 14
ロニー・ピーターソン
マーチ-フォード 20 規定周回数不足 9
Ret 18
ジャック・ブラバム
ブラバム-フォード 19 クラッチ 5
Ret 23
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 19 エンジン 16
Ret 11
ジャッキー・スチュワート
マーチ-フォード 14 エンジン 1
Ret 21
ジョン・マイルス
ロータス-フォード 13 ギアボックス 13
Ret 20
ヨッヘン・リント
ロータス-フォード 10 エンジン 2
Ret 2
ジャッキー・オリバー
BRM 7 エンジン 14
Ret 7
ピアス・カレッジ
デ・トマソ-フォード 4 油圧 12
Ret 8
デレック・ベル
ブラバム-フォード 1 ギアボックス 15
DNQ 22
アレックス・ソラー=ロイグ
ロータス-フォード 予選不通過
ソース:[25]
優勝者ペドロ・ロドリゲスの平均速度[17]
241.308 km/h (149.942 mph)
ファステストラップ[2]
ラップリーダー[26]
太字は最多ラップリーダー

第4戦終了時点のランキング

  • : トップ5のみ表示。前半7戦のうちベスト6戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 燃料がメタノールであったため、炎は目に見えにくかった。
  2. ^ 後にドニントン・パーク・サーキットを再建させ、同サーキット内に彼が個人的に集めたレーシングカーを元にした博物館「ドニントン・グランプリ・コレクション」を設立した。
  3. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。
  4. ^ F1の開催が終わった後もスパ・フランコルシャン24時間レーススポーツカーレース等は引き続き開催され、死亡事故も発生している。

出典

  1. ^ a b c (林信次 1995, p. 130)
  2. ^ a b Belgium 1970 - Best laps”. STATS F1. 2019年12月23日閲覧。
  3. ^ Pedro RODRIGUEZ - Wins”. STATS F1. 2019年12月22日閲覧。
  4. ^ BRM - Wins”. STATS F1. 2019年12月22日閲覧。
  5. ^ Spa-Francorchamps”. STATS F1. 2019年12月22日閲覧。
  6. ^ Dunlop - Wins”. STATS F1. 2019年12月22日閲覧。
  7. ^ Dutch GP, 1969”. grandprix.com. 2019年12月22日閲覧。
  8. ^ a b Spa-Francorchamps”. RacingCircuits.info. 2019年12月24日閲覧。
  9. ^ a b c d Belgian GP, 1970”. grandprix.com. 2019年12月22日閲覧。
  10. ^ (ダグ・ナイ 1989, p. 171)
  11. ^ (ダグ・ナイ 1989, p. 139)
  12. ^ a b (ダグ・ナイ 1989, p. 211)
  13. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 253)
  14. ^ (林信次 1995, p. 101)
  15. ^ a b c Belgium 1970”. STATS F1. 2019年12月23日閲覧。
  16. ^ Belgium 1970 - Race entrants”. STATS F1. 2019年12月23日閲覧。
  17. ^ a b c d e Belgium 1970 - Result”. STATS F1. 2019年12月23日閲覧。
  18. ^ Belgium 1970 - Qualifications”. STATS F1. 2019年12月23日閲覧。
  19. ^ Belgium 1970 - Starting grid”. STATS F1. 2019年12月23日閲覧。
  20. ^ The Belgian Grand Prix”. Motor Sport Magazine. 2017年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  21. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 254)
  22. ^ (林信次 1995, p. 106)
  23. ^ Statistics Grands Prix - Average - The most”. STATS F1. 2019年12月22日閲覧。
  24. ^ 戦績:R.シュトメレン”. F1 DataWeb. 2019年12月23日閲覧。
  25. ^ 1970 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  26. ^ Belgium 1970 - Laps led”. STATS F1. 2019年12月23日閲覧。
  27. ^ a b Belgium 1970 - Championship”. STATS F1. 2019年3月12日閲覧。

参照文献

  • Wikipedia英語版 - en:1970 Belgian Grand Prix (2019年9月29日 10:19:50)
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2
  • ダグ・ナイ『チーム・マクラーレンの全て』森岡成憲(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク

前戦
1970年モナコグランプリ
FIA F1世界選手権
1970年シーズン
次戦
1970年オランダグランプリ
前回開催
1968年ベルギーグランプリ
ベルギーグランプリ
次回開催
1972年ベルギーグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1970年ベルギーグランプリ
Listen to this article