cover image

特定秘密の保護に関する法律

日本の法律 / ウィキペディア フリーな 百科事典

特定秘密の保護に関する法律(とくていひみつのほごにかんするほうりつ、平成25年12月13日法律第108号、英語:Specially Designated Secrets Act 略称SDS Act[注釈 1]。)は、日本安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるものを「特定秘密」として指定し、取扱者の適性評価の実施や漏えいした場合の罰則などを定めた日本の法律である[2]。通称は特定秘密保護法秘密保護法[3]特定秘密法[4]秘密法などとも呼ばれる[5]

Quick facts: 特定秘密の保護に関する法律, 通称・略称, 法令番号, 種類, 効力...
特定秘密の保護に関する法律

日本の法令
通称・略称 特定秘密保護法
法令番号 平成25年12月13日法律第108号
種類 行政法
効力 現行法
公布 2013年12月13日
所管 内閣官房
主な内容 特定秘密の指定をするための要件と手続並びに特定秘密の漏えい行為等の処罰
関連法令 行政機関情報公開法公文書管理法日米秘密保護法国家公務員法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示
Close

2013年平成25年)10月25日第2次安倍内閣閣議決定をして第185回国会に提出し[6][7][8]、同年12月6日に成立し[9][10]、同年12月13日に公布され[11]2014年(平成26年)12月10日に施行した[12]