小山邦太郎 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 小山邦太郎.

小山邦太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年5月)

小山 邦太郎(こやま くにたろう、1889年11月16日 - 1981年3月24日)は、日本政治家。戦前の長野県会議員から衆議院議員(6期)。戦後、参議院議員(3期)。参議院永年在職議員[1]。初代小諸市[2]。位階は正三位。勲等は勲一等

経歴

長野県生まれ。小諸高等小学校を経て、長野商業学校卒業。小諸高等小学校在学時には、自由主義教育者の伊藤長七の影響を受けた。

戦前は明正会・立憲民政党に所属したが戦後公職追放され、追放解除後は旧民政党左派の松村謙三粟山博鶴見祐輔中村三之丞松浦周太郎川崎末五郎らと行動をともにした。政界復帰後は自由民主党松村・三木派に所属した。

略歴

家族

参考文献

脚注

[ヘルプ]


議会
先代:
館哲二
参議院予算委員長

1961年-1962年
次代:
湯沢三千男
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
小山邦太郎
Listen to this article