宇多天皇(うだてんのう、867年6月10日貞観9年5月5日〉- 931年9月3日承平元年7月19日[1])は、日本の第59代天皇(在位:887年9月17日仁和3年8月26日〉- 897年8月4日寛平9年7月3日〉)。 定省(さだみ)。

Quick facts: 宇多天皇, 第59代天皇, 即位礼, 大嘗祭, 元号...
宇多天皇
宇多法皇像(仁和寺蔵、15世紀[注釈 1]

即位礼 887年12月5日(仁和3年11月17日
大嘗祭 888年12月28日(仁和4年11月22日
元号 仁和寛平
時代 平安時代
先代 光孝天皇
次代 醍醐天皇

誕生 867年6月10日貞観9年5月5日
崩御 931年9月3日承平元年7月19日
仁和寺
大喪儀 931年9月19日(承平元年8月5日
陵所 大内山陵
追号 宇多院
(宇多天皇)
定省
別称 寛平法皇、亭子院、朱雀院太上天皇、満徳法主天、日本金剛覚大王、日本金剛蔵王、日本僧本
父親 光孝天皇
母親 班子女王
女御 藤原温子
藤原胤子
橘義子
橘房子
菅原衍子
更衣 源貞子
徳姫女王
子女 醍醐天皇
敦実親王
斉世親王
 ほか(后妃・皇子女節参照)
皇居 平安宮
テンプレートを表示
Close

後の佐々木氏などに代表される宇多源氏の祖先にあたる天皇である(詳細は皇子女の欄参照)。

Oops something went wrong: