cover image

鳥取城

日本の城 / ウィキペディア フリーな 百科事典

鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)に築かれた戦国時代から江戸時代日本の城である。国の史跡に指定[1]され、別名は久松城(ひさまつのしろ)・久松山城(ひさまつやまのしろ)という。戦国時代から江戸末期にかけての城郭形態の変化を窺うことができることから「城郭の博物館」の異名を持つ[2]織田信長中国攻めでは、家臣の羽柴秀吉兵糧攻めを用いて攻略した。開城後、入城した宮部継潤によって山上ノ丸の改修が行われ、江戸時代には鳥取藩池田氏の治下に入り、麓の二の丸以下の曲輪が拡張された[2]。現在は天守台、石垣、堀、井戸などが残っている。

鳥取城 古絵図。
城址から望む市街。
市街地から望む城跡。
Quick facts: logo鳥取城 (鳥取県), 別名, 城郭構造, 天守構造, 築城主...
logo
鳥取城
鳥取県
全景(後背に久松山
別名 久松城、久松山城
城郭構造 梯郭式平山城および山城
天守構造 独立式望楼型3重(1573年頃、非現存)
複合式層塔型2層2階地下1階(1605年改、非現存)
築城主 但馬山名氏
築城年 天文年間(1532年 - 1555年
主な改修者 吉川経家宮部継潤池田長吉
主な城主 山名氏、吉川氏宮部氏池田氏
廃城年 1871年(明治4年)
遺構 石垣、堀、井戸
指定文化財 国の史跡
再建造物 城門、擬宝珠橋
位置 北緯35度30分36秒 東経134度14分28秒
地図
鳥取城
テンプレートを表示
Close