ティム・レインズ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ティム・レインズ.

ティム・レインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ティム・レインズ
Tim Raines
ニューアーク・ベアーズ監督時(2011年)
基本情報
国籍
アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州セミノール郡
生年月日 (1959-09-16) 1959年9月16日(60歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
202 lb =約91.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 左翼手
プロ入り 1977年 MLBドラフト5巡目
初出場 1979年9月11日
最終出場 2002年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
殿堂表彰者
選出年 2013年
殿堂表彰者
選出年 2017年
得票率 86.0%
選出方法 BBWAA選出

ティム・レインズことティモシー・レインズTimothy Raines, 1959年9月16日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州セミノール郡出身の元メジャーリーグベースボール選手(外野手)。右投両打。ニックネームは「Rock」。通算808盗塁はMLB歴代5位。2017年にアメリカ野球殿堂表彰を受けた。

人物・来歴

1977年のMLBドラフトモントリオール・エクスポズから5巡目で指名を受けて契約。1979年9月11日にメジャーデビュー。当初は二塁手としても起用されていた(1984年までの間に通算53試合で二塁を守る)が、俊足を生かして外野手に転向。

50日間に及ぶストライキでシーズンが中断された1981年には、88試合の出場で71盗塁を決めて初のナショナルリーグ盗塁王を獲得。以後1984年まで4年連続で盗塁王を獲得。ビンス・コールマンがデビューした1985年以後はタイトル再獲得はならなかったが、1986年まで6年連続で70盗塁を記録。1986年には打率.334で首位打者を獲得し、シルバースラッガー賞にも選ばれる。

その年のオフにFAとなったが、当時各球団のオーナーが共謀して高額FAとの契約を避けたため、獲得に名乗りを上げる球団はなく、旧所属球団との交渉期限を過ぎたため、それが再び認められる1987年5月1日にエクスポズと再契約。復帰初戦では延長10回表の決勝満塁本塁打を含む4安打4打点と活躍。この年出場したMLBオールスターゲームでは0-0で迎えた延長13回表に、熱戦に終止符を打つ決勝2点タイムリー三塁打を打ってMVPに選ばれた。

1991年にジェフ・カーター、マリオ・ブリトーとともにシカゴ・ホワイトソックスに移籍。1993年頃から徐々に盗塁数が減り、1996年ニューヨーク・ヤンキースに移籍後は出場機会も減った。1996年と1998年にはワールドシリーズ優勝を経験。1999年にはオークランド・アスレチックスに移籍。

2000年は2月にヤンキースと契約したが翌月に解雇。シドニー五輪アメリカ代表の選考の際に名前が挙がり注目されたが選出されなかった。一度引退を決意するが、当時ボルチモア・オリオールズ傘下に所属していた息子ティム・レインズ・ジュニア(英語版)とのプレーを目指し2001年にエクスポズで現役復帰。同年10月1日に息子がオリオールズでメジャーデビューし、ケン・グリフィー・シニアケン・グリフィー・ジュニア親子に次ぐ史上2組目の親子同時メジャーリーガーとなった。2日後の10月3日に父レインズがエクスポズからオリオールズに移籍し、シーズン終盤の数試合、親子同時出場が実現した[1]

2002年に故郷フロリダのフロリダ・マーリンズで1年間プレーして現役引退。

現役引退後、2003年はエクスポズ傘下アドバンスドA級のブリバードカウンティの監督に就任。2004年から2006年までホワイトソックスのコーチを務め、2005年には一塁ベースコーチとしてチームのワールドシリーズ優勝に貢献。2007年はナショナルズ傘下のAAA級ハリスバーグの打撃コーチを務めた。2009年から2011年までは、アメリカ独立リーグアトランティックリーグに加盟するニューアーク・ベアーズの監督を務めた。

2017年終了時点でエクスポズ→ナショナルズの出塁(2440)、得点(947)、単打(1163)、三塁打(82)、四球(793)、盗塁(635)の球団記録保持者。背番号30」はエクスポズの永久欠番となった。

2013年カナダ野球殿堂入りを果たした。

2017年1月、資格最終年となる10年目でアメリカ野球殿堂入りを果たした。資格最終年での表彰はレッド・ラフィング(1967年)、ジョー・メドウィック(1968年)、ラルフ・カイナー(1975年)、ジム・ライス(2009年)に次ぐ史上5人目であった[2]。7月30日にクーパーズタウンで開催された式典では、一緒に表彰されたジェフ・バグウェルイバン・ロドリゲスと共にスピーチを行った[3]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
1979 MON 6 0 0 3 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1980 15 27 20 5 1 0 0 0 1 0 5 0 1 0 6 0 0 3 0 .050 .269 .050 .319
1981 88 363 313 61 95 13 7 5 137 37 71 11 0 3 45 5 2 31 7 .304 .391 .438 .829
1982 156 731 647 90 179 32 8 4 239 43 78 16 6 1 75 9 2 83 6 .277 .353 .369 .723
1983 156 720 615 133 183 32 8 11 264 71 90 14 2 4 97 9 2 70 12 .298 .393 .429 .822
1984 160 718 622 106 192 38 9 8 272 60 75 10 3 4 87 7 2 69 7 .309 .393 .437 .830
1985 150 665 575 115 184 30 13 11 273 41 70 9 3 3 81 13 3 60 9 .320 .405 .475 .880
1986 151 664 580 91 194 35 10 9 276 62 70 9 1 3 78 9 2 60 6 .334 .413 .476 .889
1987 139 627 530 123 175 34 8 18 279 68 50 5 0 3 90 26 4 52 9 .330 .429 .526 .955
1988 109 488 429 66 116 19 7 12 185 48 33 7 0 4 53 14 2 44 8 .270 .350 .431 .782
1989 145 618 517 76 148 29 6 9 216 60 41 9 0 5 93 18 3 48 8 .286 .395 .418 .813
1990 130 538 457 65 131 11 5 9 179 62 49 16 0 8 70 8 3 43 9 .287 .379 .392 .771
1991 CWS 155 709 609 102 163 20 6 5 210 50 51 15 9 3 83 9 5 68 7 .268 .359 .345 .703
1992 144 644 551 102 162 22 9 7 223 54 45 6 4 8 81 4 0 48 5 .294 .380 .405 .784
1993 115 486 415 75 127 16 4 16 199 54 21 7 2 2 64 4 3 35 7 .306 .401 .480 .880
1994 101 453 384 80 102 15 5 10 157 52 13 0 4 3 61 3 1 43 10 .266 .365 .409 .774
1995 133 581 502 81 143 25 4 12 212 67 13 2 3 3 70 3 3 52 8 .285 .374 .422 .796
1996 NYY 59 240 201 45 57 10 0 9 94 33 10 1 0 4 34 1 1 29 5 .284 .383 .468 .851
1997 74 318 271 56 87 20 2 4 123 38 8 5 0 6 41 0 0 34 4 .321 .403 .454 .856
1998 109 382 321 53 93 13 1 5 123 47 8 3 0 3 55 1 3 49 5 .290 .395 .383 .778
1999 OAK 58 164 135 20 29 5 0 4 46 17 4 1 1 2 26 1 0 17 5 .215 .337 .341 .678
2001 MON 47 97 78 13 24 8 1 0 34 4 1 0 0 1 18 0 0 6 2 .308 .433 .436 .869
BAL 4 12 11 1 3 0 0 1 6 5 0 0 0 1 0 0 0 3 0 .273 .250 .545 .795
'01計 51 109 89 14 27 8 1 1 40 9 1 0 0 2 18 0 0 9 2 .303 .413 .449 .862
2002 FLA 98 114 89 9 17 3 0 1 23 7 0 0 0 2 22 4 1 19 3 .191 .351 .258 .609
通算:23年 2502 10359 8872 1571 2605 430 113 170 3771 980 808 146 39 76 1330 148 42 966 142 .294 .385 .425 .810
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル 

表彰 

盗塁諸記録

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars”. bleacherreport.com (2010年9月7日). 2012年3月25日閲覧。
  2. ^ Former Expo Tim Raines elected to Baseball Hall of Fame” (英語). カナダ放送協会 (2017年1月19日). 2018年5月20日閲覧。
  3. ^ 野球殿堂入り式典が開催、忍耐を象徴する面々が登壇”. フランス通信社 (2017年7月31日). 2018年5月20日閲覧。

関連項目

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ティム・レインズ
Listen to this article