明治天皇(めいじてんのう、1852年11月3日嘉永5年9月22日〉- 1912年明治45年/大正元年〉7月30日[1])は、日本の第122代天皇(在位: 1867年2月13日慶応3年1月9日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)。睦仁(むつひと)、御称号祐宮(さちのみや)。お印(えい)。

Quick facts: 明治天皇, 第122代天皇, 即位礼, 大嘗祭, 元号...
明治天皇
1873年(明治6年)内田九一撮影

即位礼 即位礼紫宸殿の儀
1868年10月12日
慶応4年8月27日
京都御所
大嘗祭 1871年12月28日
明治4年11月17日
於 東京府大嘗宮
元号 慶応: 1867年2月13日 - 1868年10月23日
明治: 1868年10月23日 - 1912年7月30日
時代 江戸時代
明治時代
摂政 二条斉敬
征夷大将軍 徳川慶喜
総裁 有栖川宮熾仁親王
輔相 三条実美岩倉具視
左大臣 有栖川宮熾仁親王
右大臣 三条実美
太政大臣 三条実美
内閣総理大臣
先代 孝明天皇
次代 大正天皇

誕生 1852年11月3日
嘉永5年9月22日
13時頃
日本 山城国
平安京(現:京都)、中山忠能邸
崩御 1912年明治45年)7月30日
午前0時43分(宝算59)
日本 東京府東京市
明治宮殿
大喪儀 1912年大正元年)9月13日
帝国陸軍青山練兵場
陵所 伏見桃山陵
追号 明治天皇
1912年(大正元年)8月27日追号勅定
睦仁(むつひと)
万延元年9月28日命名
称号 祐宮(さちのみや)
元服 1868年2月8日
慶応4年1月15日
父親 孝明天皇
母親 中山慶子
皇后 昭憲皇太后(一条美子)
1869年2月9日
明治元年12月28日)大婚
子女
皇嗣 皇太子嘉仁親王
皇居 安政度内裏
青山御所
東京城・皇城・宮城
栄典 大勲位
親署
テンプレートを表示
Close
束帯姿の明治天皇(明治5年〈1872年〉4月、内田九一撮影)
西洋式御服を着用した明治天皇(明治5年〈1872年〉)
1890年頃の明治天皇

倒幕および攘夷派の象徴として近代日本の指導者と仰がれた。皇族以外の摂政を設置し[注釈 1]、かつ在位中に征夷大将軍がいた最後の天皇。複都制としながらも東京府に皇居を置いた。在位中、国力を伸長させた英明な天皇と謳われ「大帝」と称えられた[2]皇后とともに和歌も多く残しており、その作品数は93,032首に及ぶ[3]

Oops something went wrong: